【獨協大学の偏差値】獨協大の入試難易度のレベル・ランク2024!外国語や経済など学部別に難しい・簡単なのはどこか解説

投稿日:2021/06/18

更新日:2024/05/08

facebook はてなブックマーク
※本ページは広告が含まれており、本サイトは広告収入により運営がされています。
※掲載されている情報は、記事作成日もしくは更新日時点の内容で、最新の情報でない可能性があります。

獨協大学の偏差値・難易度まとめ(2024年度)

・獨協大学の偏差値は40.0~66.0
・獨協大学の最低偏差値40.0は、大学上位84.1%の難易度
・偏差値が最も高いのは、国際教養学部の47.5~62.0
・偏差値が最も低いのは、外国語学部の40.0~66.0
・獨協大学の受験対策として、現時点の偏差値40.0以上なら「河合塾」、偏差値が40.0に届いていないなら「武田塾」がおすすめ

この記事は、獨協大学の受験生を対象にして学部・学科別ごとに偏差値を紹介しています。今回は、参考サイトとして以下の3つのサイトのデータを参照しています。

河合塾Kei-Net
ベネッセマナビジョン
東進

なお、獨協大学の学部の偏差値ランキングは以下の通りです。

偏差値(高い順) 学部
47.5~62.0 国際教養学部
45.0~63.0 法学部
偏差値(低い順) 学部
40.0~66.0 外国語学部
42.5~60.0 経済学部

上表から獨協大学の中では、外国語学部の特定学科の偏差値や入試難易度が低いことがわかります。ただし、学科によっては外国語学部の最高偏差値69.0が、大学全体での最高偏差値となっています。

なお今回は、他にも経済学部や法学部など、獨協大学の学部ごとの偏差値や難易度を紹介します。

この記事を読むことで、各予備校で算出された獨協大学の偏差値や難易度が把握できます。その結果、志望校選びをするための参考となるでしょう。

※おすすめの大学受験の塾ランキングが知りたい方は「大学受験の塾ランキング!おすすめの大手進学塾や個別指導塾13校を比較!」をぜひご覧ください。

【学部・学科別】獨協大学の偏差値はどのくらい?|入試難易度のレベルやランク2024

獨協大学の各学部の偏差値は以下の通りです。

学部 偏差値
外国語学部 40.0~66.0
国際教養学部 47.5~62.0
経済学部 42.5~60.0
法学部 45.0~63.0

上の表より、獨協大学の学部で最も偏差値が高いのは国際教養学部であり、最も偏差値が低いのは外国語学部であることがわかります。ただし、同じ学部でも学科によって偏差値や難易度には差があります。

そのため、志望校を選ぶためには学科別の偏差値についても知ることが重要となります。そこで今回は、獨協大学の各学部・学科の偏差値について詳しく見ていきましょう。

外国語学部

学科名 河合塾 ベネッセ 東進 共テ得点率
ドイツ語 40.0 60.0 59.0 72%(前期2科目)
70%(前期3科目)
73%(英語資格)
63%(中期)
英語 50.0 63.0 64.0 73%(前期2科目)
72%(前期3科目)
74%(英語資格)
73%(中期)
フランス語 42.5 58.0 56.0 71%(前期2科目)
65%(前期3科目)
74%(英語資格)
65%(中期)
交流文化 52.5 65.0 66.0 76%(前期2科目)
75%(前期3科目)
76%(英語資格)
81%(中期)

獨協大学の外国語学部の偏差値は、学科ごとに40.0~66.0となっています。この偏差値は獨協大学の学部としては最も低いので、獨協大学の中では外国語学部は合格ハードルが低めであると言えます。

外国語学部の中でも特にドイツ語学科は偏差値が40.0~60.0と低いため、最も合格ハードルが低い学科であると考えられます。したがって、どうしても獨協大学外国語学部に進学したいのであれば、ドイツ語学科への出願を検討してみると良いでしょう。

一方、外国語学部で最も偏差値が高いのは交流文化学科で、その偏差値は52.5~66.0です。よって、交流文化学科は外国語学部の中では最も合格ハードルの高い学科であると見られます。

交流文化学科を志望する場合は、外国語学部の他の学科を志望する場合よりも高い学力が求められることになります。

国際教養学部

学科名 河合塾 ベネッセ 東進 共テ得点率
言語文化 47.5 62.0 62.0 74%(前期3科目)
71%(前期4科目)
74%(英語資格)
66%(中期)

獨協大学の国際教養学部に属する学科は言語文化学科のみであり、その偏差値は47.5~62.0となっています。この数値は獨協大学の学部としては、最も高いものです。

国際学部では、大学入学共通テストの合格の目安となる得点率についても、66~74%と高い水準を示しています。

経済学部

学科名 河合塾 ベネッセ 東進 共テ得点率
経済 45.0 59.0 59.0 66%(前期2科目)
65%(前期3科目)
69%(英語資格)
60%(中期)
経営 45.0 60.0 58.0 71%(前期2科目)
65%(前期3科目)
74%(英語資格)
65%(中期)
国際環境経済 42.5 58.0 59.0 67%(前期2科目)
62%(前期3科目)
66%(英語資格)
60%(中期)

獨協大学の経済学部の偏差値は、学科ごとに42.5~60.0となっています。この偏差値は獨協大学の学部としては外国語学部に次いで低い数値であるため、合格ハードルもやや低いと言えます。

経済学部の中で合格難易度が高いと考えられるのは経営学科で、偏差値が45.0~60.0と他の学科よりも高めです。

この偏差値は一般的に見ると特別高い水準ではありませんが、他の学科と比較すると合格には高い学力が求められると考えられます。

また、経済学部で最も偏差値が低いのは国際環境経済学科で、その偏差値は42.5~59.0です。他の学科と比べて偏差値が低い水準であることから、国際環境経済学科は経済学部の中でも合格ハードルの低い学科であると見られます。

合格を狙いやすい学科に出願したいのであれば、国際環境経済学科を選ぶと良いでしょう。

法学部

学科名 河合塾 ベネッセ 東進 共テ得点率
法律 47.5 63.0 59.0 75%(前期2科目)
70%(前期3科目)
78%(英語資格)
68%(中期)
国際関係法 45.0 60.0 59.0 74%(前期2科目)
69%(前期3科目)
76%(英語資格)
71%(中期)
総合政策 45.0 60.0 57.0 69%(前期2科目)
66%(前期3科目)
76%(英語資格)
64%(中期)

獨協大学の法学部の偏差値は、学科ごとに45.0~63.0となっています。これは獨協大学の学部としては国際教養学部に次いで高い偏差値なので、合格難易度はやや高いと考えられます。

法学部の中では法律学科の偏差値が47.5~63.0と他の学科よりも高く、やや合格ハードルが高いと見られます。

それに対し、国際関係法学科と総合政策学科は偏差値が45.0~60.0と、法律学科と比較してやや低い水準を示しています。そのため、法学部の中では国際関係法学科と総合政策学科の合格ハードルがやや低く、合格を狙いやすい学科であると言えます。

国際関係法学科と総合政策学科を比較すると、共通テストの合格目安となる得点率は総合政策学科の方が低い傾向があるので、合格難易度だけで見るなら総合政策学科が狙い目と言えるでしょう。

獨協大学の偏差値を同レベルの大学と比較!

ここからは、獨協大学の偏差値を同レベルの大学と比較します。

獨協大学外国語学部と偏差値が同じ「文・人文・人間」系学部を持つ大学
獨協大学国際教養学部と偏差値が同じ「文・人文・人間」系学部を持つ大学
獨協大学法学部、経済学部と偏差値が同じ「法・経済・経営・商」系学部を持つ大学

東進の偏差値データを元に、獨協大学の各学部と偏差値が同じ大学の学部を見ていきましょう。

獨協大学外国語学部と偏差値が同じ「文・人文・人間」系学部を持つ大学

大学名 学部名 学科名
昭和女子大学 人間社会学部 心理学科
武蔵大学 人文学部 ヨーロッパ文化学科
甲南大学 文学部 英語英米文学科
龍谷大学 文学部 歴史学科

獨協大学外国語学部と偏差値が同じ「文・人文・人間」系学部を持つ大学としては、昭和女子大学、武蔵大学、甲南大学、龍谷大学が挙げられます。

ただし、偏差値が同じではあるものの、学部については人間社会学部や人文学部など、外国語の学習を専門とするものではありません。そのため、外国語を深く学びたい方の併願先としてはあまり向かないでしょう。

獨協大学国際教養学部と偏差値が同じ「文・人文・人間」系学部を持つ大学

大学名 学部名 学科名
東京女子大学 現代教養学部 心理・コミュニケーション学科
東洋大学 文学部 史学科
甲南大学 文学部 日本語日本文学科
神奈川大学 外国語学部 英語英文学科

獨協大学国際教養学部と偏差値が同じ「文・人文・人間」系学部を持つ大学としては、東京女子大学、東洋大学、甲南大学、神奈川大学が挙げられます。

ただし、学部について見ると東京女子大学は現代教養学部、東洋大学及び甲南大学は文学部、神奈川大学は外国語学部となっています。そのため、国際教養の分野を専攻したい方の併願先としては適さない可能性があります。

獨協大学法学部、経済学部と偏差値が同じ「法・経済・経営・商」系学部を持つ大学

大学名 学部名 学科名
松山大学 法学部 法学科
武蔵野大学 法学部 政治学科
福岡大学 法学部 法律学科
追手門学院大学 社会学部 社会学科

獨協大学法学部、経済学部と偏差値が同じ「法・経済・経営・商」系学部を持つ大学としては、松山大学、武蔵野大学、福岡大学、追手門学院大学が挙げられます。

松山大学、武蔵野大学、福岡大学については獨協大学と同様に法学部を持つので、法学部を志望する方の併願先の候補として有力です。一方、経済学部を志望する方の併願先としてはあまり向いていません。

また、全国でおすすめの予備校が知りたい方は「【予備校おすすめランキング】全国的に人気で有名な大手予備校を比較!」もぜひ参考にしてください。

獨協大学の偏差値40.0~66.0はどのくらい難しい?

偏差値 上位何%か
40.0 84.1%
41.0 81.6%
42.0 78.8%
43.0 75.8%
44.0 72.6%
45.0 69.1%
46.0 65.5%
47.0 61.8%
48.0 57.9%
49.0 54.0%
50.0 50.0%
51.0 46.0%
52.0 42.1%
53.0 38.2%
54.0 34.5%
55.0 30.9%
56.0 27.4%
57.0 24.2%
58.0 21.2%
59.0 18.4%
60.0 15.9%
61.0 13.6%
62.0 11.5%
63.0 9.7%
64.0 8.1%
65.0 6.7%
66.0 5.5%

獨協大学の偏差値40.0~66.0という数字は、具体的にどのくらい難しいのでしょうか。受験生の母集団が正規分布に従っていると仮定した場合、40.0という偏差値は「上位84.1%」であることを意味します。

つまり、受験生100人が受ける模試で84位以内に入る学力を持っていれば、獨協大学への合格見込みがあるということになります。そのため、獨協大学を志望する方はこの程度の学力を目標として模試を受けると良いでしょう。

大学受験でおすすめの模試が知りたい方は「【大学受験の模試おすすめ2021】予備校が運営する人気の全国模試を紹介!」をぜひ参考にしてください。

獨協大学の偏差値まで学力を上げるポイント

英語は基礎的な文法や語彙を定着させる

獨協大学の偏差値まで学力を上げるポイントのひとつは、英語の基礎的な文法や語彙を定着させることです。

獨協大学の英語の難易度は特別高いものではなく、基礎的な知識が問われる問題も多く出題されています。そのため、無理に難易度の高い問題への対策を行う必要はなく、文法や単語といった英語の基礎知識を身につけることが重要となります。

文法については何度も復習を繰り返し、教科書で学ぶような文法はすべて定着させるようにしましょう。文法問題でミスをしたときは、毎回見直しをして正しい知識を身につけるようにしてください。

語彙力は短期間で伸びるものではないため、単語帳を使うなどして日常的に学習する習慣をつけることが大切です。

国語は論説文の読解能力をつける

獨協大学の偏差値まで学力を上げるポイントとなるのが、国語の論説文の読解能力をつけることです。

獨協大学の国語では論説文が出題されることが多く、論説文の内容を読み取る力が求められます。過去問や問題集を使って読解問題の演習を行い、数多くの論説文に触れておきましょう。

また、読解しなければならない文章量が多く、問題数も少なくないことから、得点するには解答スピードも重要となります。演習を何度も繰り返すことで、正確かつスピーディーな読解ができるようにしておきましょう。

空欄補充など語彙力が問われる問題もいくつか出題されることがあるので、演習の際に知らない語彙が出てきたとき意味を調べる習慣をつけるのがおすすめです。

計画的に受験対策を進める

獨協大学の偏差値まで学力を上げるために重要となるのが、計画的に受験対策を進めることです。受験対策で学習しなければならないことは非常に多いので、無計画に学習をしても入試本番までに十分な学力をつけることはできません。

まずは現時点での自身の学力と、獨協大学の合格目安となる偏差値とを比較して、どれだけの学習が必要なのかを割り出しましょう。そして、本番までに必要なだけの学力をつけられるような学習計画を作成します。

なお、常に計画通りに学習が進むとは限らないので、模試などで学習進度をチェックして、計画を修正していくことも大切です。自分に合った学習計画がわからない場合は、塾や予備校で相談してみるのがおすすめです。

獨協大学の基本情報|大学の特徴や紹介動画をチェック

獨協大学は、埼玉県草加市学園町に本部を置く私立大学です。外国語教育に力を入れているのが特徴で、英語のほかに14言語を学ぶことができます。国際交流も盛んに行われていて、1年間の長期留学制度も用意されています。

法学部の「在校生からの言葉」では、ガイダンスや先生によるサポートが充実しているので、積極的に学習することができるという意見が取り上げられています。

入学当初は、高等学校とは何もかも異なる大学生活に驚きの連続でした。これまで受け身の姿勢だった私は、能動的な行動を前提とする大学でやっていけるのか不安でしたが、充実したカリキュラムやきめ細やかなガイダンス、些細なことでも相談できる先生方のおかげで積極的に行動できるようになりました。

獨協大学法学部「在校生からの言葉」

また、獨協大学の紹介動画を見たい方は、こちらの動画をご覧ください。キャンパスの様子やカリキュラムについて紹介されています。

関連サイト 獨協大学公式ホームページ | Wikipedia
キャンパス住所 埼玉県草加市学園町1番1号

獨協大学の受験対策におすすめの予備校

獨協大学の受験対策におすすめの予備校は以下の通りです。

合格圏内の受験生:河合塾
現時点で合格見込みが薄い受験生:武田塾

それぞれの予備校について詳しく見ていきましょう。

合格圏内の受験生:河合塾

獨協大学への合格見込みがある受験生には、河合塾での受験対策をおすすめします。河合塾にはさまざまなコースが用意されているため、獨協大学のレベルに合わせた対策指導を受けることが可能です。

また、河合塾で指導を行うのは指導力に優れたプロ講師ばかりなので、質の高い授業で学力を大きく伸ばすことができます。そのため、既に偏差値が40.0以上あって獨協大学への合格が見込める方には、河合塾に通うことをおすすめします。

河合塾の口コミや評判をさらに詳しく知りたい方は、「【河合塾】の評判は悪い?大学受験やグリーンコース、授業の口コミレビューや評価はどう?」も参考にしてください。

現時点で合格見込みが薄い受験生:武田塾

現時点では獨協大学への合格が見込めない受験生には、武田塾がおすすめです。武田塾は無駄な授業を行わず、個別カリキュラムによる指導で学力を伸ばす個別指導塾です。

カリキュラムは合格から逆算されているので、計画的に学習を進めて逆転合格を狙うことができます。また、1冊の参考書を完璧に習得するまでは次に進まないという指導方針であるため、学習内容を確実に身につけていくことができます。

そのため、現時点で獨協大学への合格見込みがないという受験生は、ぜひ武田塾を検討してください。

また、武田塾の口コミや評判をさらに詳しく知りたい方は、「【武田塾】口コミ評判はどう?料金(費用)・合格実績は?」も参考にしてください。

さらに浪人生におすすめの予備校がどこか知りたい方は「浪人生におすすめの予備校ランキング!かかる費用や行かないとどうなるかを解説!」をご覧ください。

facebook はてなブックマーク

関連記事

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます。

大東文化大学の偏差値・難易度まとめ(2024年度) ・大東文化大学の偏差値は39.0~61.0 ・大東文化大学の最低偏差値39.0は、大学上位86.4%の難易度 ・偏差値が最も高いのは、経済学部と社会学部の45.0~59…

大和大学の偏差値・難易度まとめ(2024年度) ・大和大学の偏差値は47.5~59.0 ・大和大学の最低偏差値47.5は、大学上位57.9~61.8%の難易度 ・偏差値が最も高いのは、政治経済学部の52.5~59.0 ・…

学習塾でよくあるクレームや苦情の内容 子供を学習塾に通わせている親は、塾の指導方法や授業料、学習システムなどに不満があると、クレームや苦情を入れたくなるものです。そこで、学習塾を利用するにあたって、よくあるクレームや苦情…

国士舘大学の偏差値・難易度まとめ(2024年度) ・国士舘大学の偏差値は35.0~63.0 ・国士舘大学の最低偏差値35.0は、大学上位93.3%の難易度 ・偏差値が最も高いのは、経営学部の47.5~60.0 ・偏差値が…

関西外国語大学の偏差値・難易度まとめ(2024年度) ・関西外国語大学の偏差値は42.5~70.0 ・関西外国語大学の最低偏差値42.5は、大学上位75.8~78.8%の難易度 ・偏差値が最も高いのは、国際共生学部の47…