【明治大学の偏差値】明大の入試難易度のレベル・ランク2023!経営や経済など学部別に難しい・簡単なのはどこか解説

投稿日:2021/04/30

更新日:2023/10/10

facebook はてなブックマーク
※本ページは広告が含まれており、本サイトは広告収入により運営がされています。
※掲載されている情報は、記事作成日もしくは更新日時点の内容で、最新の情報でない可能性があります。

明治大学の偏差値・難易度まとめ(2023年度)

・明治大学の偏差値は55.0~76.0
・明治大学の最低偏差値55.0は、大学上位30.9%の難易度
・偏差値が最も高いのは、情報コミュニケーション学部の62.5~74.0
・偏差値が最も低いのは、理工学部の55.0~67.0
・明治大学の受験対策として、定期テストの対策もしたいなら「森塾」、現時点の偏差値が55.0以上なら「河合塾」、偏差値が55.0に届いていないなら「武田塾」がおすすめ

この記事は、明治大学の受験生を対象にして学部・学科別ごとに偏差値を紹介しています。今回は、参考サイトとして以下の3つのサイトのデータを参照しています。

河合塾Kei-Net

ベネッセマナビジョン

東進

なお、明治大学の学部の偏差値ランキングは以下の通りです。

偏差値(高い順) 学部
62.5~74.0 情報コミュニケーション学部
60.0~76.0 政治経済学部
60.0~75.0 法学部、商学部、文学部、経営学部、国際日本学部
偏差値(低い順) 学部
55.0~67.0 理工学部
57.5~66.0 総合数理学部
57.5~67.0 農学部

上表から明治大学の中では、理工学部の偏差値や入試難易度が低いことがわかります。なお今回は、他にも経営学部や経済学部など、明治大学の学部・学科ごとの偏差値や難易度を紹介します。

この記事を読むことで、各予備校が算出した明治大学の偏差値や合格難易度を把握することができます。その結果、自分の学力に合った志望校を選択するために参考とすることができるでしょう。

※おすすめの大学受験の塾ランキングが知りたい方は「大学受験の塾ランキング!おすすめの大手進学塾や個別指導塾13校を比較!」をぜひご覧ください。

【学部別・学科別】明治大学の偏差値はどのくらい?|経営・経済などの入試難易度のレベルやランク2023

明治大学の各学部の偏差値は以下の通りです。

学部 偏差値
法学部 60.0~75.0
商学部 60.0~75.0
政治経済学部 60.0~76.0
文学部 60.0~75.0
経営学部 60.0~75.0
情報コミュニケーション学部 62.5~74.0
国際日本学部 60.0~75.0
理工学部 55.0~67.0
農学部 57.5~67.0
総合数理学部 57.5~66.0

上の表より、明治大学の学部の中で最も偏差値が高いのは情報コミュニケーション学部です。逆に最も偏差値が低いのは理工学部であることがわかります。

ただし、実際の偏差値は学科ごとに異ります。同じ学部であっても学科によって難易度に差がある場合があるので、学科別の偏差値についても理解しておく必要があります。

ここからは各学部・学科の偏差値について詳しく見ていきましょう。

法学部

学科名 河合塾 ベネッセ 東進 共テ得点率
法律 60.0 75.0 80%(3科目)
80%(4科目)
77%(5科目)

明治大学法学部の学科は法律学科のみで、偏差値は60.0~75.0となっています。また、大学入学共通テストの得点率で見ると、77~80%が合格の目安となります。

大学入学共通テストは3科目・4科目・5科目の3方式から選択することができ、得点率では5科目型が他の方式よりもやや低くなっています。

商学部

学科名 河合塾 ベネッセ 東進 共テ得点率
60.0 75.0 66.0 84%(4科目)
84%(5科目)
84%(6科目)

明治大学商学部の学科は商学科のみとなっていて、その偏差値は60.0~75.0です。また、大学入学共通テストの得点率については、84%が合格の目安となります。

大学入学共通テストは4科目・5科目・6科目の3方式から選択することになり、得点率はどれも同じです。自分に合った入試方式を選ぶと良いでしょう。

政治経済学部

学科名 河合塾 ベネッセ 東進 共テ得点率
政治 60.0 75.0 65.0 88%(3科目)
81%(7科目)
経済 60.0 76.0 65.0 85%(3科目)
78%(7科目)
地域行政 62.5 74.0 65.0 75%

明治大学政治経済学部の偏差値は学科ごとに60.0~76.0となっています。最も難易度が高いと考えられるのは地域行政学科で、偏差値は62.5~74.0です。

大学入学共通テストの得点率について見ると、75~88%の得点が合格に必要であると言えます。大学入学共通テストは3科目と7科目があり、7科目の方が得点率は下がる傾向にあります。

文学部

学科名 河合塾 ベネッセ 東進 共テ得点率
日本文学 60.0 75.0 65.0 83%(3科目)
84%(5科目)
英米文学 60.0 74.0 65.0 84%(3科目)
82%(5科目)
ドイツ文学 60.0 69.0 65.0 78%(3科目)
68%(5科目)
フランス文学 60.0 71.0 65.0 81%(3科目)
79%(5科目)
演劇学 60.0 71.0 65.0 82%(3科目)
89%(5科目)
文芸メディア 60.0 74.0 66.0 83%(3科目)
88%(5科目)
日本史学 62.5 75.0 66.0 84%(3科目)
84%(5科目)
アジア史 60.0 75.0 65.0 80%(3科目)
87%(5科目)
西洋史学 60.0 75.0 65.0 82%(3科目)
81%(5科目)
考古学 60.0 74.0 65.0 74%(3科目)
81%(5科目)
地理学 62.5 74.0 65.0 80%(3科目)
87%(5科目)
臨床心理学 62.5 75.0 64.0 85%(3科目)
80%(5科目)
現代社会学 62.5 75.0 67.0 84%(3科目)
83%(5科目)
哲学 60.0 74.0 65.0 82%(3科目)
81%(5科目)

明治大学文学部の偏差値は、学科ごとに60.0~75.0となっています。最も難易度が低くなっているのはドイツ文学科で、偏差値は60.0~69.0です。

逆に日本史学科や臨床心理学科、現代社会学科の偏差値は難易度が高い傾向にあると考えられ、偏差値は62.5~75.0と文学部の中でも高めです。

経営学部

学科名 河合塾 ベネッセ 東進 共テ得点率
経営 60.0 75.0 64.0 82%(3科目)
81%(4科目)

明治大学経営学部の学科は経営学科のみで、偏差値は60.0~75.0となっています。明治大学の中では偏差値はやや高めの水準であると言えます。

また、大学入学共通テストの得点率について見ると、3科目方式だと82%、4科目方式だと81%が合格の目安となります。自分が受験しやすい方式を選択することをおすすめします。

情報コミュニケーション学部

学科名 河合塾 ベネッセ 東進 共テ得点率
情報コミュニケーション 62.5 74.0 65.0 84%(3科目)
77%(6科目)

明治大学情報コミュニケーション学部には情報コミュニケーション学科しかなく、偏差値は62.5~74.0となっています。これは明治大学の学部としては最も高い数値です。

情報コミュニケーション学部の大学入学共通テストにおける得点率は、3科目方式だと84%、6科目方式だと77%です。3科目方式は必要な科目は少ないですが、その分高い得点率が求められることになります。

国際日本学部

学科名 河合塾 ベネッセ 東進 共テ得点率
国際日本 60.0 75.0 65.0 81%(3科目)
79%(5科目)

明治大学国際日本学部の学科は国際日本学科のみとなっており、偏差値は60.0~75.0と明治大学の中ではやや高い部類に入ります。

また、国際日本学部の大学入学共通テストの合格の目安となる得点率は、79~81%です。テストには3科目方式と5科目方式があり、3科目方式の方が合格に必要な得点率は高いものとなります。

理工学部

学科名 河合塾 ベネッセ 東進 共テ得点率
電気電子工学 57.5 65.0 64.0 80%(3科目)
80%(4科目)
生命理工学 57.5 65.0 64.0 85%(3科目)
83%(4科目)
機械工 57.5 66.0 64.0 84%(3科目)
82%(4科目)
機械情報工 57.5 66.0 63.0 86%
建築 60.0 66.0 61.0 82%
応用科学 57.5 65.0 63.0 83%
情報科学 60.0 67.0 65.0 86%(3科目)
83%(4科目)
数学 55.0 64.0 80%
物理 57.5 65.0 64.0 82%

明治大学理工学部の偏差値は、学科ごとに55.0~67.0となっています。これは明治大学の学部としては最も低い偏差値です。中でも難易度が低いと考えられるのは数学科で、偏差値は55.0~64.0と明治大学で最低の水準です。

理工学部の大学入学共通テストの合格の目安となる得点率は、80~86%です。学科によっては入試方式が複数あり、科目数によって得点率にも違いが見られます。

農学部

学科名 河合塾 ベネッセ 東進 共テ得点率
57.5 65.0 63.0 76%
農芸化学 57.5 65.0 60.0 75%
生命科学 57.5 67.0 63.0 76%
食料環境政策 57.5 66.0 64.0 77%

明治大学農学部の偏差値は、学科ごとに57.5~67.0です。最も難易度が低くなっているのは農学科と農芸化学学科で、偏差値は57.5~65.0です。

農学部における大学入学共通テストの合格の目安となる得点率は、75~77%です。大学入学共通テストの合格ハードルにはほとんど差がないと考えられます。

総合数理学部

学科名 河合塾 ベネッセ 東進 共テ得点率
現象数理 57.5 64.0 66.0 80%
先端メディアサイエンス 60.0 64.0 66.0 83%
ネットワークデザイン 57.5 63.0 66.0 80%

明治大学総合数理学部の偏差値は、学科ごとに57.5~66.0です。最も難易度が低いと考えられるのは現象数理学科とネットワークデザイン学科で、偏差値は57.5~66.0と明治大学の中でも特に低くなっています。

総合数理学部の大学入学共通テストの得点率は80~83%であり、先端メディアサイエンス学科のみやや高いです。

明治大学の偏差値を同レベルの大学と比較!

ここからは、明治大学の偏差値を同レベルの大学と比較します。

明治大学法学部と偏差値が同じ「法・経済・経営・商」系学部を持つ大学

明治大学商学部、政治経済学部、経営学部と偏差値が同じ「法・経済・経営・商」系学部を持つ大学

明治大学文学部と偏差値が同じ「文・人文・人間」系学部を持つ大学

明治大学情報コミュニケーション学部、国際日本学部と偏差値が同じ「環境・情報・国際」系学部を持つ大学

明治大学理工学部と偏差値が同じ「理・工学」系学部を持つ大学

明治大学農学部と偏差値が同じ「農林・獣医・水産」系学部を持つ大学

明治大学総合数理学部と偏差値が同じ「理・工学」系学部を持つ大学

東進の偏差値データを元に、明治大学の各学部と偏差値が同じ大学の学部を見ていきましょう。

明治大学法学部と偏差値が同じ「法・経済・経営・商」系学部を持つ大学

大学名 学部名 学科名
中央大学 法学部 政治学科
同志社大学 法学部 法律学科
東京理科大学 経営学部 経営学科
法政大学 法学部 国際政治学科

明治大学法学部と偏差値が同じ「法・経済・経営・商」系の学部を持つ大学としては、中央大学、同志社大学、東京理科大学、法政大学が挙げられます。

このうち同じ東京都内にあるのは、中央大学、東京理科大学、法政大学の3校です。また、中央大学と法政大学については同じ法学部で偏差値が一致します。そのため、併願先としてこの2校が有力となるでしょう。

明治大学商学部、政治経済学部、経営学部と偏差値が同じ「法・経済・経営・商」系学部を持つ大学

大学名 学部名 学科名
同志社大学 商学部 商学総合学科
立教大学 経営学部 経営学科
青山学院大学 経済学部 現代経済デザイン学科

明治大学商学部、政治経済学部、経営学部と偏差値が同じ「法・経済・経営・商」系の学部を持つ大学としては、同志社大学、立教大学、青山学院大学の3校が挙げられます。

立教大学と青山学院大学は同じ東京都内の大学であり、地理的に近いです。また、どうしても商学部に入学したいという方であれば、同じ商学部を持つ同志社大学が併願先の候補となるでしょう。

明治大学文学部と偏差値が同じ「文・人文・人間」系学部を持つ大学

大学名 学部名 学科名
上智大学 文学部 ドイツ文学学科
同志社大学 文学部 国文学科
青山学院大学 文学部 日本文学科

明治大学文学部と偏差値が同じ「文・人文・人間」系の学部を持つ大学としては、上智大学、同志社大学、青山学院大学の3校が挙げられます。

上智大学や青山学院大学は明治大学と同じ東京都にあるので、併願もしやすいです。ただし、同じ文学部であっても実際にどんなことを学ぶかは大学によって異なります。大学ごとの特色を理解して出願することが大切です。

明治大学情報コミュニケーション学部、国際日本学部と偏差値が同じ「環境・情報・国際」系学部を持つ大学

大学名 学部名 学科名
青山学院大学 社会情報学部 社会情報学科

明治大学情報コミュニケーション学部、国際日本学部と偏差値が同じ「環境・情報・国際」系の学部のある大学としては、青山学院大学が挙げられます。

青山学院大学は明治大学と同じく東京都内の大学であり、併願はしやすくなっています。

明治大学理工学部と偏差値が同じ「理・工学」系学部を持つ大学

大学名 学部名 学科名
名城大学 理工学部 情報工学科
学習院大学 理学部 生命科学科
東京理科大学 理工学部 物理学科
法政大学 生命科学部 応用植物科学科

明治大学理工学部と偏差値が同じ「理・工学」系の学部を持つ大学としては、名城大学、学習院大学、東京理科大学、法政大学の4校が挙げられます。

名城大学以外の3校は明治大学と同じ東京都内にあるため、立地の上では併願しやすいと言えます。

ただし、同じ理工学部でもどの学科を専攻するかによって、研究分野や就職先が別れていくことになります。自分が本当に学びたいことを学べる大学を選びましょう。

明治大学農学部と偏差値が同じ「農林・獣医・水産」系学部を持つ大学

大学名 学部名 学科名
日本獣医生命科学大学 獣医学部 獣医学科
麻布大学 獣医学部 獣医学科

明治大学農学部と偏差値が同じ「農林・獣医・水産」系の学部を持つ大学としては、日本獣医生命科学大学と麻布大学の2校が挙げられます。偏差値こそ同じではありますが、この2校はいずれも獣医学部です。

そのため、農学部を志す受験生にとっては併願先の候補にはなりにくいでしょう。農学部の併願先を探すなら、少し離れた偏差値の大学から選択することになります。

明治大学総合数理学部と偏差値が同じ「理・工学」系学部を持つ大学

大学名 学部名 学科名
中央大学 理工学部 精密機械工学科
同志社大学 理工学部 機械システム工学科
東京理科大学 工学部 工業科学科
立教大学 理学部 化学科

明治大学総合数理学部と偏差値が同じ「理・工学」系の学部を持つ大学としては、中央大学、同志社大学、東京理科大学、立教大学の4校が挙げられます。

同志社大学以外は同じ東京都内の大学であるため、明治大学総合数理学部を目指す方が併願することも考えられます。

ただし、同系統の学部でも大学ごとに教育方針が異なるので、自分が求める学習のできる大学や学部を選ぶことが重要です。

また、全国でおすすめの予備校が知りたい方は「【予備校おすすめランキング】全国的に人気で有名な大手予備校を比較!」もぜひ参考にしてください。

明治大学の偏差値55.0~76.0はどのくらい難しい?それとも簡単?

偏差値 上位何%か
55.0 30.9%
56.0 27.4%
57.0 24.2%
58.0 21.2%
59.0 18.4%
60.0 15.9%
61.0 13.6%
62.0 11.5%
63.0 9.7%
64.0 8.1%
65.0 6.7%
66.0 5.5%
67.0 4.5%
68.0 3.6%
69.0 2.9%
70.0 2.3%
71.0 1.8%
72.0 1.4%
73.0 1.1%
74.0 0.82%
75.0 0.62%
76.0 0.47%

明治大学の偏差値55.0~76.0という数字は、どれくらいの難易度を意味するのでしょうか。受験生の母集団が正規分布に従っていると仮定すると、55.0という偏差値は上位30.9%、76.0という偏差値は上位0.47%であることになります。

つまり、10,000名の受験生の中で見ると上位3,090名から47名までに入る程度の学力が求められることを意味します。

定期的に模試を受けるなどして、自分の実力がそこまで伸びているか確認するようにしましょう。

大学受験でおすすめの模試が知りたい方は「【大学受験の模試おすすめ2021】予備校が運営する人気の全国模試を紹介!」をぜひ参考にしてください。

明治大学の基本情報|大学の特徴や紹介動画をチェック

明治大学の和泉キャンパスは東京都杉並区にあり、京王線の明大前駅から徒歩5分、都心部まで電車で10分とアクセスに優れています。私立大学の中でも有名であり、東京都以外からも多くの受験生が集まる人気の高い大学となっています。

明治大学では学生が主体となって研究テーマや内容を決めることができるのが特徴で、そこに魅力を感じる方が多いようです。実際に、関心や責任を持ちながら研究に取り組めたという在校生の声が取り上げられています。

大畑ゼミでは3年次、調査のテーマや方向性、内容を全て学生主体で取り決め行うことができます。だからこそ私達も、自分達の調査に強い関心と責任を持って取り組むことができたと感じています。

明治大学「在学生の声・卒業生の声」

明治大学の紹介動画を見たい方にはこちらの動画がおすすめです。和泉キャンパスの雰囲気を体験することができます。

関連サイト 明治大学公式ホームページ | Wikipedia
キャンパス住所 東京都杉並区永福1-9-1

明治大学の受験対策におすすめの予備校

明治大学の受験対策におすすめの予備校は以下の通りです。

定期テストの対策もしたい受験生:森塾

合格圏内の受験生:河合塾

現時点で合格見込みが薄い受験生:武田塾

それぞれの予備校について詳しく見ていきましょう。

定期試験の対策もしたい受験生:森塾

学校の定期試験対策も万全にしたい方には、森塾をおすすめします。森塾では「講師1人に対して生徒2人まで」の体制で、生徒に合わせた先取り学習と定期試験対策を行っています。

学校の授業を先取りしておくことで、授業への理解度が高まり、定期試験でも得点しやすくなります。また、生徒が通う学校の授業進度に対応した対策ができるので、効率良く定期試験の得点力を高めることが可能です。

さらに、森塾では高校2年生の冬期から大学受験対策を行う大学入試対策コースを開いています。大学入試対策コースでは、生徒ごとの志望校に合わせた学習プランを作成し、徹底的な受験対策を行います。そのため、明治大学を志望する受験生も、無駄のない対策ができるでしょう。

森塾の口コミや評判をさらに詳しく知りたい方は、「森塾のレベルや評判はどう?小学生・中学生・高校生の口コミや大学受験の進学実績を解説!悪いレビューが多くて最悪?」も参考にしてください。

合格圏内の受験生:河合塾

現時点で偏差値が55.0以上あり、明治大学への合格の見込みがある場合には、河合塾で受験対策をするのがおすすめです。河合塾では生徒の学力や志望校に応じてさまざまなコースを用意しています。

明治大学のこれまでの出題傾向を分析した対策指導や、苦手分野を克服するための集中的な学習など、自分が本当に必要としている学習ができます。

また、映像授業も充実しているので、自宅にいながら受験対策を進めておくことも可能です。

河合塾の口コミや評判をさらに詳しく知りたい方は、「【河合塾】の評判は悪い?大学受験やグリーンコース、授業の口コミレビューや評価はどう?」も参考にしてください。

現時点で合格見込みが薄い受験生:武田塾

現時点で明治大学への合格の可能性がほとんどないという受験生は、武田塾を利用すると良いでしょう。武田塾は授業をしないことを特色とする予備校で、個別カリキュラムによる徹底指導で逆転合格を実現しています。

一人ひとりに合わせた学習計画で、生徒が完全に理解できるまで先に進まない指導をすることで、着実に合格のための学力をつけるようにしています。

したがって、偏差値が55.0未満で明治大学への合格見込みが薄いという受験生は、武田塾で逆転合格を目指すのがおすすめです。

また、武田塾の口コミや評判をさらに詳しく知りたい方は、「【武田塾】口コミ評判はどう?料金(費用)・合格実績は?」も参考にしてください。

 

さらに浪人生におすすめの予備校がどこか知りたい方は「浪人生におすすめの予備校ランキング!かかる費用や行かないとどうなるかを解説!」をご覧ください。

facebook はてなブックマーク

関連記事

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます。

大学受験の勉強時間についてご説明します。 「大学受験の勉強時間はどれくらい?」 「受験勉強の時間を確保するためにはどうすればいい?」 このような疑問をお持ち受験生の方は多いのではないでしょうか。大学受験の勉強時間は目安が…

東京外国語大学の偏差値・難易度まとめ(2024年度) ・東京外国語大学の偏差値は59.0~66.0 ・東京外国語大学の最低偏差値59.0は、大学上位18.4%の難易度 ・偏差値が最も高いのは、国際日本学部の61.0~62…

東北大学の偏差値・難易度まとめ(2023年度) ・東北大学の偏差値は52.5~71.0 ・東北大学の最低偏差値52.5は、大学上位42.1%の難易度 ・偏差値が最も高いのは、法学部、経済学部、薬学部の60.0~66.0 …

龍谷大学の偏差値・難易度まとめ(2023年度) ・龍谷大学の偏差値は40.0~68.0 ・龍谷大学の最低偏差値40.0は、大学上位84.1%の難易度 ・偏差値が最も高い学部は、心理学部の52.5~65.0(最も高い学科は…

東京工業大学の偏差値・難易度まとめ(2023年度) ・東京工業大学の偏差値は65.0~76.0 ・東京工業大学の最低偏差値65.0は、大学上位6.7%の難易度 ・偏差値が最も高いのは、情報理工学部の65.0~76.0 ・…