【立正大学の偏差値】立大の入試難易度のレベル・ランク2024!心理や経済など学部別に難しい・簡単なのはどこか解説

投稿日:2021/06/27

更新日:2024/03/31

facebook はてなブックマーク
※本ページは広告が含まれており、本サイトは広告収入により運営がされています。
※掲載されている情報は、記事作成日もしくは更新日時点の内容で、最新の情報でない可能性があります。

目次

立正大学の偏差値・難易度まとめ(2024年度)

・立正大学の偏差値は34.0~67.0
・立正大学の最低偏差値34.0は、大学上位94.5%の難易度
・偏差値が最も高いのは、心理学部の50.0~67.0
・偏差値が最も低いのは、データサイエンス学部の34.0~54.0
・立正大学の受験対策として、現時点の偏差値が34.0以上なら「河合塾」、偏差値が34.0に届いていないなら「武田塾」、高校の授業内容を定着させたいなら「森塾」がおすすめ

この記事は、立正大学の受験生を対象にして学部・学科別ごとに偏差値を紹介しています。今回は、参考サイトとして以下の3つのサイトのデータを参照しています。

河合塾Kei-Net
ベネッセマナビジョン
東進

なお、立正大学の学部の偏差値ランキングは以下の通りです。

偏差値(高い順) 学部
50.0~67.0 心理学部
47.5~64.0 法学部
45.0~66.0 文学部
偏差値(低い順) 学部
34.0~54.0 データサイエンス学部
37.5~57.0 地球環境科学部、社会福祉学部
40.0~56.0 仏教学部

上表から立正大学の中では、データサイエンス学部の偏差値や入試難易度が低いことがわかります。なお今回は、他にも心理学部や経済学部など、大和大学の学部ごとの偏差値や難易度を紹介します。

この記事を読むことで、予備校ごとに算出された立正大学の偏差値や合格難易度が確認できます。その結果、志望校を選択するための判断材料して役立つでしょう。

※おすすめの大学受験の塾ランキングが知りたい方は「大学受験の塾ランキング!おすすめの大手進学塾や個別指導塾13校を比較!」をぜひご覧ください。

【学部・学科別】立正大学の偏差値はどのくらい?|入試難易度のレベルやランク2024

立正大学の各学部の偏差値は以下の通りです。

学部 偏差値
心理学部 50.0~67.0
法学部 47.5~64.0
経営学部 45.0~63.0
経済学部 45.0~62.0
文学部 45.0~66.0
仏教学部 40.0~56.0
地球環境科学部 37.5~57.0
社会福祉学部 37.5~57.0
データサイエンス学部 34.0~54.0

上の表より、立正大学の学部で最も偏差値が高いのは心理学部、逆に最も偏差値が低いのはデータサイエンス学部であることがわかります。ただし、同じ学部内でも学科によって偏差値や合格難易度が異なる場合があります。

したがって、志望校や出願する学部を決定するにあたっては、学科ごとの偏差値がどうなっているかも把握しておく必要があります。ここからは各学部・学科の偏差値について詳しく見ていきましょう。

心理学部

学科名 河合塾 ベネッセ 東進 共テ得点率
臨床心理 50.0 66.0 56.0 71%
対人・社会心理 50.0 67.0 56.0 70%

立正大学の心理学部の偏差値は、学科ごとに50.0~67.0となっています。この偏差値は立正大学の学部としては最も高い数値であるため、立正大学の中では心理学部が最も合格難易度の高い学部であると考えられます。

心理学部には臨床心理学科と対人・社会心理学科がありますが、偏差値の差は小さく、難易度の差はほとんどないと見られます。

法学部

学科名 河合塾 ベネッセ 東進 共テ得点率
47.5 64.0 56.0 74%

立正大学の法学部に属する学科は法学科のみで、その偏差値は47.5~64.0となっています。この偏差値は立正大学の学部としては心理学部に次いで高い数値であるため、立正大学の中で見ると法学部は合格ハードルが高いと言えます。

大学入学共通テストの得点率について見ても、合格の目安は74%と高めの水準です。

経営学部

学科名 河合塾 ベネッセ 東進 共テ得点率
経営 45.0 63.0 61%

立正大学の経営学部に属する学科は経営学科のみであり、その偏差値は45.0~63.0となっています。この偏差値は立正大学の学部としては特別高くも低くもないため、立正大学の中で経営学部は標準的な難易度の学部であると考えられます。

また、大学入学共通テストの合格の目安となる得点率は61%です。

経済学部

学科名 河合塾 ベネッセ 東進 共テ得点率
経済学 47.5 62.0 56.0 64%
国際 45.0 56.0 55%
金融 45.0 56.0 61%

立正大学の経済学部の偏差値は、学科ごとに45.0~62.0となっています。学科別の偏差値を見ると経済学科が47.5~62.0に対し、国際学科及び金融学科は45.0~56.0という数値です。

国際学科と金融学科の偏差値がやや低いことから、この2学科の方が合格ハードルも低いものであると考えることができます。

文学部

学科名 河合塾 ベネッセ 東進 共テ得点率
47.5 61.0 56.0 56%
50.0 66.0 56.0 70%
社会 45.0 62.0 56.0 73%
日本語日本文学 47.5 61.0 56.0 73%
英語英米文学 45.0 59.0 56.0 58%

立正大学の文学部の偏差値は、学科ごとに45.0~66.0となっています。この偏差値は立正大学の学部としては法学部に次いで3番目に高く、立正大学の中でも合格難易度は高い学部であると言えます。

特に難易度が高いと見られるのが史学科で、偏差値は50.0~66.0と文学部で最も高く、大学入学共通テストの得点率も70%と高めです。

仏教学部

学科名 河合塾 ベネッセ 東進 共テ得点率
仏教 40.0 53.0 56.0 59%

立正大学の仏教学部に属する学科は仏教学科のみとなっていて、その偏差値は40.0~56.0です。この偏差値は立正大学の学部としては3番目に低いものであるため、仏教学部は立正大学の学部ではやや合格ハードルが低いと考えられます。

なお、大学入学共通テストの合格の目安となる得点率は59%です。

地球環境科学部

学科名 河合塾 ベネッセ 東進 共テ得点率
環境-生物・地球 42.5 55.0 50.0 51%
環境-気象・水文 40.0 55.0 50.0 59%
地理 37.5 57.0 56.0 55%

立正大学の地球環境科学部の偏差値は、学科ごとに37.5~57.0となっています。この偏差値は立正大学の学部としては2番目に低い数値であるため、立正大学の中では合格ハードルが低いと見ることができます。

地球環境科学部には環境学科と地理学科がありますが、地理学科の偏差値が低いことから、環境学科より合格を狙いやすいと考えられます。

社会福祉学部

学科名 河合塾 ベネッセ 東進 共テ得点率
社福-ソーシャルワーク 37.5 56.0 56.0 51%
社福-教育福祉・社会デザイン 37.5 56.0 56.0 52%
子ども教育福祉 45.0 57.0 50.0 48%

立正大学の社会福祉学部の偏差値は、学科ごとに37.5~57.0となっています。この偏差値は立正大学の学部としては地球環境科学部と並んで低い数値です。そのため、立正大学の中では合格難易度が低めの学部であると考えられます。

学科としては社会福祉学科(ソーシャルワークコースと教育福祉・社会デザインコース)と子ども教育福祉学科がありますが、子ども教育福祉学科は偏差値が高く、合格難易度が高めであると言えるでしょう。

データサイエンス学部

学科名 河合塾 ベネッセ 東進 共テ得点率
データサイエンス 37.5 54.0 34.0 59%(前期)
55%(併用型)

立正大学のデータサイエンス学部に属する学科はデータサイエンス学科のみであり、その偏差値は34.0~54.0となっています。この偏差値は立正大学の学部としては最も低いものであるため、立正大学の中では特に合格ハードルが低い学部であると言えます。

大学入学共通テストの合格目安となる得点率は55~59%で、併用型がやや低くなっています。

立正大学の偏差値を同レベルの大学と比較!

ここからは、立正大学の偏差値を同レベルの大学と比較します。

立正大学法学部と偏差値が同じ「法・経済・経営・商」系学部を持つ大学
立正大学経営学部と偏差値が同じ「法・経済・経営・商」系学部を持つ大学
立正大学経済学部と偏差値が同じ「法・経済・経営・商」系学部を持つ大学
立正大学心理学部、文学部と偏差値が同じ「文・人文・人間」系学部を持つ大学
立正大学仏教学部と偏差値が同じ「文・人文・人間」系学部を持つ大学
立正大学地球環境科学部と偏差値が同じ「環境・情報・国際」系学部を持つ大学
立正大学社会福祉学部と偏差値が同じ「法・経済・経営・商」系学部を持つ大学
東進の偏差値データを元に、立正大学の各学部と偏差値が同じ大学の学部を見ていきましょう。

立正大学法学部と偏差値が同じ「法・経済・経営・商」系学部を持つ大学

大学名 学部名 学科名
昭和女子大学 グローバルビジネス学部 会計ファイナンス学科
東洋大学 経営学部 会計ファイナンス学科
近畿大学 経済学部 総合経済政策学科
駒澤大学 経営学部 市場戦略学科

立正大学法学部と偏差値が同じ「法・経済・経営・商」系学部を持つ大学としては、昭和女子大学、東洋大学、近畿大学、駒澤大学が挙げられます。

ただし、この4校の学部について見ると、グローバルビジネス学部や経営学部、経済学部となっています。したがって、法学部を志望する受験生にとっては併願先としてあまり向かないと考えられます。

立正大学経営学部と偏差値が同じ「法・経済・経営・商」系学部を持つ大学

大学名 学部名 学科名
ノートルダム清心女子大学大学 文学部 現代社会学科
中京大学 現代社会学部 現代社会学科
京都産業大学 法学部 法律学科
専修大学 経営学部 ビジネスデザイン学科

立正大学経営学部と偏差値が同じ「法・経済・経営・商」系学部を持つ大学としては、ノートルダム清心女子大学大学、中京大学、京都産業大学、専修大学が挙げられます。

中でも専修大学については、立正大学と同じく経営学部を持つので、併願先の候補として有力です。専修大学ではビジネスデザイン分野を専攻することになるので、同じ経営学部でもどの分野を学びたいか考えた上で出願を検討しましょう。

立正大学経済学部と偏差値が同じ「法・経済・経営・商」系学部を持つ大学

大学名 学部名 学科名
亜細亜大学 経済学部 経済学科
京都外国語大学 国際貢献学部 グローバル観光学科
京都女子大学 経済学部 経済学科
名城大学 経営学部 国際経営学科

立正大学経済学部と偏差値が同じ「法・経済・経営・商」系学部を持つ大学としては、亜細亜大学、京都外国語大学、京都女子大学、名城大学が挙げられます。

中でも亜細亜大学、京都女子大学については、立正大学と同じく経済学部を持つので、併願先の候補として有力です。

立正大学心理学部、文学部と偏差値が同じ「文・人文・人間」系学部を持つ大学

大学名 学部名 学科名
京都外国語大学 外国語学部 中国語学科
沸教大学 教育学部 臨床心理学科
名城大学 外国語学部 国際英語学科
大正大学 心理社会学部 人間学科

立正大学心理学部、文学部と偏差値が同じ「文・人文・人間」系学部を持つ大学としては、京都外国語大学、沸教大学、名城大学、大正大学が挙げられます。

沸教大学と大正大学は心理系の学科を持つので、心理学部志望の方の併願先となるでしょう。また、京都外国語大学と名城大学は言語系の学科を持つため、文学部で外国語を学びたい方であれば併願を検討できます。

立正大学仏教学部と偏差値が同じ「文・人文・人間」系学部を持つ大学

大学名 学部名 学科名
京都外国語大学 外国語学部 ブラジルポルトガル語学科
四天王寺大学 人文社会学部 日本学科
駒澤大学 仏教学部 仏教学科
国士館大学 21世紀アジア学部 21世紀アジア学科

立正大学仏教学部と偏差値が同じ「文・人文・人間」系学部を持つ大学としては、京都外国語大学、四天王寺大学、駒澤大学、国士館大学が挙げられます。

中でも駒澤大学は立正大学と同様に仏教学部を持つため、仏教について学びたいという方の併願先として有力です。一方、他の3校は仏教系の学部を持たないので、併願先にはあまり向かないでしょう。

立正大学地球環境科学部と偏差値が同じ「環境・情報・国際」系学部を持つ大学

大学名 学部名 学科名
明星大学 人文学部 国際コミュニケーション学科
桜美林大学 グローバル・コミュニケーション学部 グローバル・コミュニケーション学科

立正大学地球環境科学部と偏差値が同じ「環境・情報・国際」系学部を持つ大学としては、明星大学、桜美林大学が挙げられます。

ただし、明星大学は人文学部、桜美林大学はグローバル・コミュニケーション学部と、環境分野を専攻する学部ではありません。したがって、立正大学地球環境科学部を志望する方の併願先としてはあまり向かないと考えられます。

立正大学社会福祉学部と偏差値が同じ「法・経済・経営・商」系学部を持つ大学

大学名 学部名 学科名
中村学園大学 流通科学部 流通科学科
京都先端科学大学 経済経営学部 経営学科
美作大学 生活科学部 社会福祉学科
名古屋学院大学 経済学部 経済学科

立正大学社会福祉学部と偏差値が同じ「法・経済・経営・商」系学部を持つ大学としては、中村学園大学、京都先端科学大学、美作大学、名古屋学院大学が挙げられます。

美作大学については社会福祉系の学科を持つので、立正大学社会福祉学部を目指す方が併願先として検討できます。一方、中村学園大学と京都先端科学大学、名古屋学院大学については、社会福祉分野を学びたい方の併願先としては適さないと考えられます。

また、全国でおすすめの予備校が知りたい方は「【予備校おすすめランキング】全国的に人気で有名な大手予備校を比較!」もぜひ参考にしてください。

立正大学の偏差値34.0~67.0はどのくらい難しい?

偏差値 上位何%か
34.0 94.5%
35.0 93.3%
36.0 91.9%
37.0 90.3%
38.0 88.5%
39.0 86.4%
40.0 84.1%
41.0 81.6%
42.0 78.8%
43.0 75.8%
44.0 72.6%
45.0 69.1%
46.0 65.5%
47.0 61.8%
48.0 57.9%
49.0 54.0%
50.0 50.0%
51.0 46.0%
52.0 42.1%
53.0 38.2%
54.0 34.5%
55.0 30.9%
56.0 27.4%
57.0 24.2%
58.0 21.2%
59.0 18.4%
60.0 15.9%
61.0 13.6%
62.0 11.5%
63.0 9.7%
64.0 8.1%
65.0 6.7%
66.0 5.5%
67.0 4.5%

立正大学の偏差値34.0~67.0という数値は、どのくらい難しいのでしょうか。受験生の母集団が正規分布に従っていると仮定すると、34.0という偏差値は「上位94.5%」であることを意味します。

つまり、受験生100人が受けた模試で94位以内に入る学力を持っていれば、立正大学に合格できる可能性があるということになります。ただし、心理学部や法学部など、学部によっては高い学力を求められる点には注意して対策しましょう。

自分の志望学部や志望学科の学力を目標として模試を何度も受け、あとどれだけの学力が必要かを把握しましょう。

大学受験でおすすめの模試が知りたい方は「【大学受験の模試おすすめ2021】予備校が運営する人気の全国模試を紹介!」をぜひ参考にしてください。

立正大学の偏差値まで学力を上げるポイント

志望学部に合わせて学習計画を立てる

立正大学の偏差値まで学力を上げるには、志望学部に合わせて学習計画を立てることがポイントとなります。立正大学は学部によって偏差値や受験科目に違いが見られるので、受験対策を始める前に志望学部のレベルや受験科目を把握しておく必要があります。

志望学部の偏差値と自信の現時点での偏差値を比較することで、あとどれだけ学力を伸ばせば良いかがわかります。まずはどの学部を目指すのかを明確にして、志望学部の入試に合わせた学習計画を作成してください。

定期的に模試を受けて学習の進捗をチェックし、進捗状況に合わせて学習計画を調整していきましょう。

英語は文法や語法を習得しておく

立正大学の偏差値まで学力を上げるためには、英語の文法や語法を習得しておくことが重要です。

立正大学の英語の難易度は標準レベルで、基礎的な知識があれば解答できる問題も見られます。そのため、英語の対策は文法や語法といった基礎を定着させることから始めましょう。

文法のテキストは総復習しておき、学習した内容はすべて定着させておくようにしてください。正しい文法や語法の知識が身についていれば、長文問題もスムーズに読解しやすくなります。

演習をしていてわからない文法・語法が出てきたら、その都度学習して頭に入れておくようにしましょう。

過去問を使った演習を行う

立正大学の偏差値まで学力を上げるポイントと言えるのが、過去問を使った演習を行うことです。立正大学の入試では出題パターンが変わることはほとんどないので、過去問で慣れておけば本番でもスムーズに解答できます。

時間を測って解答することで、試験時間内に解答するのに十分なスピードがあるかを確認しておくことも可能です。

また、過去問はただ解いて終わりにするのではなく、間違えた問題は予備校などで解説してもらうことをおすすめします。過去数年分の過去問を自分で解けるようになっておけば、自信を持って本番に臨めるでしょう。

立正大学の基本情報|大学の特徴や紹介動画をチェック

立正大学は、東京都品川区大崎に本部を置く私立大学です。品川キャンパスのほかには、埼玉県熊谷市の熊谷キャンパスが存在します。9学部を持つ総合大学であり、学生の個性や主体性を尊重した教育を実施しています。

立正大学法学部の「在学生/卒業生の声」によると、フィールドワークに参加することで社会人が働く現場を知ることができ、視野を広げることができるとのことです。

銚子でも品川でも実際に経験したことで予想以上の気づきを得られました。民間企業から公務員に転じた方もいらしたし、いろいろな考え方に触れられて、その結果、自分本位ではなく、以前よりまわりが見えるようになりました。社会人として要求されることや責任の重さを知り、課の中の協力体制や主体的な働き方を見ることができたのもよかったです。

立正大学法学部「在学生/卒業生の声」

また、立正大学の紹介動画を見たい方は、こちらの動画をご覧ください。学生やキャンパスの様子がまとめられています。

関連サイト 立正大学公式ホームページ | Wikipedia
キャンパス住所 東京都品川区大崎4丁目2番16号

立正大学の受験対策におすすめの予備校

立正大学の受験対策におすすめの予備校は以下の通りです。

合格圏内の受験生:河合塾
現時点で合格見込みが薄い受験生:武田塾
高校の授業内容を定着させたい受験生:個別指導塾Wam

それぞれの予備校について詳しく見ていきましょう。

合格圏内の受験生:河合塾

現時点で立正大学への合格が見込める受験生には、河合塾をおすすめします。河合塾には生徒の志望校に合わせたコースが用意されているため、立正大学の入試レベルに合わせた効果的な対策をすることができます。

また、受験に精通したプロ講師による指導が受けられるので、受験で合格するためのテクニックも身につきます。そのため、現時点で偏差値が34.0以上あって立正大学への合格見込みのある方は、河合塾を検討してみてください。

河合塾の口コミや評判をさらに詳しく知りたい方は、「【河合塾】の評判は悪い?大学受験やグリーンコース、授業の口コミレビューや評価はどう?」も参考にしてください。

現時点で合格見込みが薄い受験生:武田塾

現時点で立正大学への合格見込みが薄い受験生には武田塾での受験対策をおすすめします。武田塾は授業を行わず、個別カリキュラムでの指導と自学自習の徹底によって志望校合格を目指すのが特色です。

武田塾では、志望校への合格から逆算してカリキュラムを作成しているため、逆転合格に向けて計画的に学習を進めていくことができます。

偏差値が34.0に届かず、立正大学への合格見込みが薄い受験生は、武田塾を検討すると良いでしょう。

また、武田塾の口コミや評判をさらに詳しく知りたい方は、「【武田塾】口コミ評判はどう?料金(費用)・合格実績は?」も参考にしてください。

さらに浪人生におすすめの予備校がどこか知りたい方は「浪人生におすすめの予備校ランキング!かかる費用や行かないとどうなるかを解説!」をご覧ください。

高校の授業内容を定着させたい受験生:森塾

立正大学を狙うにあたり、高校の授業内容をきちんと定着させたい受験生におすすめなのが、個別指導塾の森塾です。

森塾は生徒が通う高校の学習進度に応じた先取り指導を行うので、学校の授業内容がよくわかるようになります。定期テスト前には復習もしてくれるため、得点アップも期待できます。

また、森塾では大学受験を徹底的にサポートする体制が整っています。生徒一人ひとりにマンツーマンで学習方法を指導し、効率的な受験対策ができるようにしています。個別面談では豊富な入試情報が提供されるだけでなく、生徒の学習へのモチベーションも引き出してくれます。

森塾の口コミや評判をさらに詳しく知りたい方は、「森塾のレベルや評判はどう?小学生・中学生・高校生の口コミや大学受験の進学実績を解説!悪いレビューが多くて最悪?」も参考にしてください。

facebook はてなブックマーク

関連記事

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます。

名古屋大学の偏差値・難易度まとめ(2023年度) ・名古屋大学の偏差値は50.0~71.0 ・名古屋大学の最低偏差値50.0は、大学上位50%の難易度 ・偏差値が最も高いのは、文学部の61.0~67.0 ・偏差値が最も低…

日本では、中学校までは義務教育ですが、高校に通うことは義務付けられていません。そのためどの高校を受験するか、高校に進学するかどうかは、自分で考える必要があります。そこで1つ重要なのが、いつから塾に通うかということです。 …

帝京平成大学の偏差値・難易度まとめ(2023年度) ・帝京平成大学の偏差値は35.0~65.0 ・帝京平成大学の最低偏差値35.0は、大学上位93.3%の難易度 ・偏差値が最も高いのは、ヒューマンケア学部の42.5~64…

大学受験塾に通うにあたって、費用がどのくらいかかるものか事前に把握しておきたいと思う方も多いでしょう。 そこで今回は、大学受験塾の費用について詳しく取り上げます。 「大学受験塾に費用はいくらかかる?」 「費用を抑えて大学…

栄光ゼミナールの料金内訳|年間の合計費用はいくら? 栄光ゼミナールに通うのに必要な年間の合計費用は、麻布十番校の学費の目安は、小学生の月謝は11,220円〜60,500円(税込)、中学生の月謝は23,650円〜56,10…