【茨城大学の偏差値】茨大の入試難易度のレベル・ランク2021!工や教育など学部別に難しい・簡単なのはどこか解説

投稿日:2021/09/14

更新日:2021/09/14

facebook はてなブックマーク

茨城大学の偏差値・難易度まとめ(2021年度)

・茨城大学の偏差値は42.5~61.0
・茨城大学の最低偏差値42.5は、大学上位75.8~78.8%の難易度
・偏差値が最も高いのは、教育学部の50.0~59.0
・偏差値が最も低いのは、工学部の42.5~54.0
・茨城大学の受験対策として、現時点の偏差値が42.5以上なら「東進衛星予備校」、偏差値が42.5に届いていないなら「武田塾」がおすすめ

この記事は、茨城大学の受験生を対象にして学部・学科別ごとに偏差値を紹介しています。今回は、参考サイトとして以下の3つのサイトのデータを参照しています。

河合塾Kei-Net
ベネッセマナビジョン
東進

なお、茨城大学の学部の偏差値ランキングは以下の通りです。

偏差値(高い順) 学部
50.0~59.0 教育学部
47.5~61.0 人文社会科学部
47.5~57.0 理学部
偏差値(低い順) 学部
42.5~54.0 工学部
47.5~56.0 農学部

上表から茨城大学の中では、工学部の偏差値や入試難易度が低いことがわかります。なお今回は、他にも教育学部や理学部など、茨城大学の学部ごとの偏差値や難易度を紹介します。

この記事を読むことで、予備校ごとに算出された茨城大学の偏差値や合格難易度が把握できます。その結果、志望校を選択するにあたってのひとつの参考となるでしょう。

※おすすめの大学受験の塾ランキングが知りたい方は「大学受験の塾ランキング!おすすめの大手進学塾や個別指導塾13校を比較!」をぜひご覧ください。

【学部・学科別】茨城大学の偏差値はどのくらい?|入試難易度のレベルやランク2021

茨城大学の各学部の偏差値は以下の通りです。

学部 偏差値
人文社会科学部 47.5~61.0
教育学部 50.0~59.0
理学部 47.5~57.0
工学部 42.5~54.0
農学部 47.5~56.0

上の表より、茨城大学の学部で最も偏差値が高いのは教育学部、最も偏差値が低いのは工学部であることがわかります。ただし、同じ学部であっても学科によって偏差値は異なり、合格難易度にも差が見られます。

したがって、志望校や出願する学部を選択する際には、学部ごとの偏差値に加えて学科ごとの偏差値も確認することが重要です。

ここからは各学部・学科の偏差値について詳しく見ていきましょう。

人文社会科学部

学科名 河合塾 ベネッセ 東進 共テ得点率
現代社会 47.5 60.0 71%(前期)
71%(後期)
法律経済 47.5 61.0 69%(前期)
71%(後期)
人間文化 50.0 61.0 72%(前期)
73%(後期)

茨城大学の人文社会科学部の偏差値は、学科ごとに47.5~61.0です。この偏差値は茨城大学の学部としては教育学部に次いで2番目に高い数値なので、茨城大学の中でも合格ハードルが高い学部と見ることができます。

人文社会科学部で特に偏差値が高いのは人間文化学科で、その偏差値は50.0~61.0となっています。

教育学部

学科名 河合塾 ベネッセ 東進 共テ得点率
学校-教育実践科学 57.0 65%(前期)
66%(後期)
学校-国語 58.0 62%(前期)
70%(後期)
学校-社会 58.0 66%(前期)
69%(後期)
学校-英語 59.0 67%(前期)
71%(後期)
学校-数学 50.0 56.0 65%(前期)
76%(後期)
学校-理科 50.0 55.0 66%(前期)
66%(後期)
学校-音楽 53.0 57%(前期)
58%(後期)
学校-美術 53.0 58%(前期)
58%(後期)
学校-保健体育 55.0 61%(前期)
62%(後期)
学校-技術 54.0 62%(前期)
63%(後期)
学校-家庭 56.0 61%(前期)
65%(後期)
学校-特別支援教育 56.0 61%(前期)
61%(後期)
養護教諭養成 57.0 67%(前期)
67%(後期)

茨城大学の教育学部の偏差値は、学科ごとに50.0~59.0となっています。この偏差値は茨城大学の学部としては最も高いものであるため、茨城大学の中では教育学部の合格難易度が最も高いと言えます。

ただし、学科によって偏差値及び大学入学共通テストの得点率が異なっているため、実際の難易度にも差があると考えられます。中でも数学科や理科科は偏差値が50前後のため、最も合格ハードルが低いでしょう。

理学部

学科名 河合塾 ベネッセ 東進 共テ得点率
理-数学・情報数理 52.5 56.0 67%(前期)
68%(後期)
理-物理学 47.5 57.0 65%(前期)
70%(後期)
理-化学 50.0 57.0 66%(前期)
67%(後期)
理-生物科学 52.5 57.0 67%(前期)
70%(後期)
理-地球環境科学 47.5 56.0 60%(前期)
70%(後期)
理-学際理学 50.0 56.0 66%(前期)
69%(後期)

茨城大学の理学部の偏差値は、学科ごとに47.5~57.0となっています。

理学部には6つの学科がありますが、最も偏差値が低いのは47.5~56.0の地球環境科学科、最も偏差値が高いのは52.5~57.0の生物科学科です。したがって、理学部では地球環境科学科の難易度が低く、逆に生物科学科の難易度が高いと見られます。

工学部

学科名 河合塾 ベネッセ 東進 共テ得点率
機械システム工 42.5 53.0 60%(前期)
62%(後期)
電気電子システム工 42.5 53.0 59%(前期)
64%(後期)
物質科学工 45.0 53.0 60%(前期)
63%(後期)
情報工 47.5 54.0 66%(前期)
68%(後期)
都市システム工 45.0 54.0 64%(前期)
66%(後期)

茨城大学の工学部の偏差値は、学科ごとに42.5~54.0となっています。これは茨城大学の学部としては最も低い水準の偏差値であるため、茨城大学の中でも工学部は合格難易度が低いと考えられます。

特に機械システム工学科と電気電子システム工学科は偏差値42.5~53.0と他の学科より低く、合格を狙いやすいと言えます。

農学部

学科名 河合塾 ベネッセ 東進 共テ得点率
食生命科学 47.5 56.0 61%(前期)
67%(後期)
地域-農業科学 47.5 55.0 60%(前期)
67%(後期)
地域-地域共生 47.5 56.0 60%(前期)
67%(後期)

茨城大学の農学部の偏差値は、学科ごとに47.5~56.0となっています。この偏差値は茨城大学では工学部に次いで低い数値であるため、茨城大学の中でも合格ハードルが低めの学部であると見ることができます。

農学部の中では農業科学科の偏差値が47.5~55.0とやや低いですが、難易度は3学科でほとんど変わらないと考えられます。

茨城大学の偏差値42.5〜61.0はどのくらい難しい?

偏差値 上位何%か
42.0 78.8%
43.0 75.8%
44.0 72.6%
45.0 69.1%
46.0 65.5%
47.0 61.8%
48.0 57.9%
49.0 54.0%
50.0 50.0%
51.0 46.0%
52.0 42.1%
53.0 38.2%
54.0 34.5%
55.0 30.9%
56.0 27.4%
57.0 24.2%
58.0 21.2%
59.0 18.4%
60.0 15.9%
61.0 13.6%

茨城大学の偏差値42.5~61.0というのは、どれくらいの難易度となるのでしょうか。受験生の母集団が正規分布に従っていると仮定すると、42.5という偏差値は「上位75.8~78.8%」であることを指します。

つまり、受験生100名が受ける模試で上位75名以内に入るだけの学力があれば、茨城大学に合格できる見込みがあるということになります。

茨城大学を志望する受験生は、この学力を目標として模試を受けてみると良いでしょう。

大学受験でおすすめの模試が知りたい方は「【大学受験の模試おすすめ2021】予備校が運営する人気の全国模試を紹介!」をぜひ参考にしてください。

茨城大学の基本情報|大学の特徴や紹介動画をチェック

茨城大学は、茨城県水戸市に本部を置く国立大学です。本部となる水戸キャンパス以外にも、茨城県日立市の日立キャンパス、茨城県稲敷郡阿見町の阿見キャンパス、茨城県那珂郡東海村白方の東海サテライトキャンパスを開いています。

茨城大学教育学部の「在学生の声」では、茨城大学では先輩や後輩とのつながりが強く、キャンパスライフが充実していると紹介されています。

国語選修は4学年合わせて約110名いますが、縦のつながりが強く、とても仲がいいです。これからも色々な行事があるのでとても楽しみです。まだ入学して2か月ですが、充実したキャンパスライフを送っています。

茨城大学教育学部「在学生の声」

茨城大学の紹介動画を見たい方は、こちらの動画をご覧ください。茨城大学のキャンパスライフや教育制度が紹介されています。

関連サイト 茨城大学公式ホームページ | Wikipedia
キャンパス住所 茨城県水戸市文京二丁目1-1

茨城大学の受験対策におすすめの予備校

茨城大学の受験対策におすすめの予備校は以下の通りです。

合格圏内の受験生:東進衛星予備校
現時点で合格見込みが薄い受験生:武田塾

それぞれの予備校について詳しく見ていきましょう。

合格圏内の受験生:東進衛星予備校

現時点で茨城大学への合格見込みがある受験生は、東進衛星予備校で受験対策をするのがおすすめです。

東進衛星予備校では東進のプロ講師による質の高い映像授業を受けることができ、自分のレベルに合った授業で学力を伸ばせます。志望校対策や苦手分野の克服など、目的別の講座も用意されているため、茨城大学受験に向けた無駄のない学習が可能です。

そのため、すでに茨城大学が合格圏内にある場合には東進衛星予備校を利用すると良いでしょう。

東進衛星予備校の口コミや評判をさらに詳しく知りたい方は、「【東進衛星予備校】口コミ評判はどう?ハイレベルな講師陣の映像授業で評価やレビューが良い大手予備校」も参考にしてください。

現時点で合格見込みが薄い受験生:武田塾

現時点では茨城大学への合格の見込みがないという方におすすめなのが、武田塾です。武田塾では授業をせず、個別カリキュラムでの徹底指導で逆転合格を目指すことを特徴としています。

生徒の学力や志望校から最適なカリキュラムを作成し、理解できるまで先に進まない指導法によって、合格に向けて着実に学力を伸ばせる予備校です。偏差値が42.5に届かないような受験生の方は、ぜひ武田塾の利用を検討しましょう。

また、武田塾の口コミや評判をさらに詳しく知りたい方は、「【武田塾】口コミ評判はどう?料金(費用)・合格実績は?」も参考にしてください。

さらに浪人生におすすめの予備校がどこか知りたい方は「浪人生におすすめの予備校ランキング!かかる費用や行かないとどうなるかを解説!」をご覧ください。

facebook はてなブックマーク

関連記事

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます。

塾が合わないときの6つの原因 学力を伸ばしたくて塾に通っていても、塾が合わずに成績が伸び悩んでしまうケースがあります。 塾が合わない原因には、どのようなものが考えられるのでしょうか。今回は、塾が合わないと感じるときの6つ…

東京学芸大学の偏差値・難易度まとめ(2021年度) ・東京学芸大学の偏差値は50.0~67.0 ・東京学芸大学の最低偏差値50.0は、大学上位50.0%の難易度 ・偏差値が最も高いのは、教育学部初等-学校心理学科の67….

明星大学の偏差値・難易度まとめ(2021年度) ・明星大学の偏差値は40.0~63.0 ・明星大学の最低偏差値40.0は、大学上位84.1%の難易度 ・偏差値が最も高いのは、心理学部の54.0~58.0 ・偏差値が最も低…

福岡大学の偏差値・難易度まとめ(2021年度) ・福岡大学の偏差値は42.5~70.0 ・福岡大学の最低偏差値42.5は、大学上位75.8~78.8%の難易度 ・偏差値が最も高いのは、医学部の52.5~70.0 ・偏差値…

大学受験の科目一覧 大学受験に向けて1つ重要な決定となるのが、どの科目で受験するかということです。大学受験における科目は、文系/理系によって異なるだけでなく、大学ごともさまざまな違いが見られます。 そのため、みなさんの中…