【中央大学の偏差値】中大の入試難易度のレベル・ランク2024!法や理工など学部別に難しい・簡単なのはどこか解説

投稿日:2021/04/30

更新日:2024/04/19

facebook はてなブックマーク
※本ページは広告が含まれており、本サイトは広告収入により運営がされています。
※掲載されている情報は、記事作成日もしくは更新日時点の内容で、最新の情報でない可能性があります。

中央大学の偏差値・難易度まとめ(2024年度)

・中央大学の偏差値は52.5~75.0
・中央大学の最低偏差値52.5は、大学上位38.2~42.1%の難易度
・偏差値が最も高いのは、法学部の57.5~75.0
・偏差値が最も低いのは、理工学部及び文学部の52.5~71.0
・中央大学の受験対策として、現時点の偏差値が52.5以上なら「個別指導塾Wam」、偏差値が52.5に届いていないなら「武田塾」がおすすめ

この記事は、中央大学の受験生を対象にして学部・学科別ごとに偏差値を紹介しています。今回は、参考サイトとして以下の3つのサイトのデータを参照しています。

河合塾Kei-Net
ベネッセマナビジョン
東進

なお、中央大学の学部の偏差値ランキングは以下の通りです。

偏差値(高い順) 学部
57.5~75.0 法学部
57.5~71.0 経済学部
57.5~69.0 国際情報学部
偏差値(低い順) 学部
52.5~71.0 理工学部、文学部
55.0~68.0 商学部
55.0~69.0 総合政策学部

上表から中央大学の中では、理工学部及び文学部の偏差値や入試難易度が低いことがわかります。今回は、他にも経済学部や商学部など、中央大学の学部ごとの偏差値や難易度を紹介します。

この記事を読むことで、予備校ごとに算出された中央大学の偏差値や合格難易度が確認できます。その結果、志望校を選択するための参考とすることができるでしょう。

なお武田塾は、生徒の自学自習を徹底的に管理することで学力を伸ばす個別指導塾です。授業ではなく自学自習をすることで、自分のペースで効果的に学力を伸ばすことを目指しています。

学習カリキュラムは現時点の学力や志望校のレベルを分析して作成されるため、目標達成に向けた無駄のない学習が可能です。これから中央大学に合格できる学力をつけたい方は、武田塾の利用がおすすめです。

武田塾の口コミ評判や他におすすめの塾・予備校を確認して、気になる場合は気軽に資料請求をしてみましょう。

※おすすめの大学受験の塾ランキングが知りたい方は「大学受験の塾ランキング!おすすめの大手進学塾や個別指導塾13校を比較!」をぜひご覧ください。

【学部・学科別】中央大学の偏差値はどのくらい?|入試難易度のレベルやランク2024

中央大学の各学部の偏差値は以下の通りです。

学部 偏差値
法学部 57.5~75.0
経済学部 57.5~71.0
商学部 55.0~68.0
理工学部 52.5~71.0
文学部 52.5~71.0
総合政策学部 55.0~69.0
国際経営学部 57.5~68.0
国際情報学部 57.5~69.0

上の表より、中央大学の学部の中で最も偏差値が高いのが法学部で、最も低いのが理工学部及び文学部であることがわかります。ただし、同じ学部であっても学科によって偏差値には違いがあります。

したがって、志望校を選ぶ際には学部だけでなく学科ごとの偏差値についても把握した上で、どの学科に出願するべきかを検討する必要があります。

ここからは各学部・学科の偏差値について詳しく見ていきましょう。

法学部

学科名 河合塾 ベネッセ 東進 共テ得点率
法律 60.0 75.0 67.0 80%(5教科)
84%(3教科)
78%(併用)
国際企業関係法 57.5 70.0 65.0 77%(5教科)
79%(3教科)
78%(併用)
政治 57.5 70.0 65.0 78%(5教科)
80%(3教科)
74%(併用)

中央大学の法学部の偏差値は、学科ごとに57.5~75.0となっています。これは中央大学の学部としては最も高い偏差値であるため、法学部は中央大学の中でも合格難易度の高い学部であると考えられます。

法学部の中では偏差値が低い国際企業関係法学科や政治学科でも偏差値は57.5~70.0であり、法学部への合格ハードルは非常に高いと言えます。

経済学部

学科名 河合塾 ベネッセ 東進 共テ得点率
経済 57.5 69.0 64.0 78%(3教科)
77%(4教科)
74%(併用)
経済情報システム 57.5 66.0 63.0 77%(3教科)
77%(4教科)
74%(併用)
国際経済 57.5 70.0 60.0 76%(3教科)
77%(4教科)
76%(併用)
公共・環境経済 57.5 71.0 63.0 77%(3教科)
77%(4教科)
74%(併用)

中央大学の経済学部の偏差値は、学科ごとに57.5~71.0となっています。経済学部の中で見ると、最も偏差値が低いのは経済情報システム学科となります。

したがって、経済学部の中では経済情報システム学科の難易度が他の学科よりも低めであると言えます。

商学部

学科名 河合塾 ベネッセ 東進 共テ得点率
フリーメジャー 57.5 67.0 65.0 76%
経営 57.5 68.0 63.0 77%(3教科)
75%(4教科)
会計 55.0 68.0 63.0 77%(3教科)
76%(4教科)
国際マーケティング 55.0 67.0 63.0 76%(3教科)
75%(4教科)
金融 55.0 67.0 62.0 77%(3教科)
75%(4教科)

中央大学の商学部の偏差値は、学科ごとに55.0~68.0となっています。中央大学の学部としては2番目に低い偏差値であるため、中央大学の中では合格難易度が低めの学部であると考えられます。

商学部の中で見ると国際マーケティング学科及び金融学科の偏差値が55.0~67.0と他の学科よりも低いので、合格難易度もやや低く狙い目であると言えます。

理工学部

学科名 河合塾 ベネッセ 東進 共テ得点率
数学 52.5 63.0 58.0 78%
物理 55.0 68.0 62.0 81%(単独)
78%(併用)
都市環境 55.0 68.0 63.0 81%(単独)
78%(併用)
精密機械工 52.5 66.0 63.0 80%(単独)
78%(併用)
電気電子情報通信工 55.0 68.0 63.0 82%(単独)
79%(併用)
応用化学 55.0 68.0 61.0 80%(単独)
80%(併用)
ビジネスデータサイエンス 55.0 68.0 63.0 81%(単独)
78%(併用)
情報工 57.5 71.0 64.0 85%(単独)
84%(併用)
生命科学 55.0 68.0 63.0 82%(単独)
80%(併用)
人間総合理工 55.0 66.0 63.0 79%(単独)
80%(併用)

中央大学の理工学部の偏差値は、学科ごとに52.5~71.0となっています。この偏差値は中央大学の学部としては文学部と並んで最も低いものであるため、理工学部は最も合格難易度の低い学部であると考えられます。

理工学部の中で見ると最も偏差値が低いのは偏差値52.5~63.0の数学科であり、難易度だけで考えれば最も狙い目の学科であると言えます。

文学部

学科名 河合塾 ベネッセ 東進 共テ得点率
国文学 57.5 69.0 63.0 78%
英語文学文化 55.0 68.0 63.0 76%
ドイツ語文学文化 55.0 67.0 63.0 76%
フランス語文学文化 52.5 67.0 63.0 77%
中国言語文化 55.0 67.0 63.0 76%
日本史学 57.5 70.0 63.0 79%
東洋史学 55.0 68.0 63.0 76%
西洋史学 57.5 68.0 63.0 78%
哲学 57.5 67.0 63.0 78%
社会学 57.5 70.0 63.0 78%
社会情報学 57.5 67.0 63.0 79%
教育学 57.5 69.0 63.0 78%
心理学 57.5 71.0 63.0 82%
学びのパスポート 57.5 68.0 78%

中央大学の文学部の偏差値は、学科ごとに52.5~71.0となっています。文学部には14種類という非常に多くの学科がありますが、その中でも特に偏差値が高く難易度も高いと見られるのが心理学科です。

逆に、フランス語文学文化学科はやや偏差値が低く、合格ハードルが低いと見られます。

総合政策学部

学科名 河合塾 ベネッセ 東進 共テ得点率
政策科学 55.0 68.0 63.0 76%(単独)
77%(併用)
国際政策文化 57.5 69.0 63.0 75%(単独)
74%(併用)

中央大学の総合政策学部の偏差値は、学科ごとに55.0~69.0となっています。中央大学の学部の中で見ると3番目に低い偏差値であるため、中央大学の学部としてはやや合格ハードルが低いと考えられます。

ただし、大学入学共通テストの得点率は74~77%と高水準であり、合格には十分な対策が求められるでしょう。

国際経営学部

学科名 河合塾 ベネッセ 東進 共テ得点率
国際経営 57.5 68.0 63.0 80%(3教科)
77%(4教科)
73%(併用)

中央大学の国際経営学部に属する学科は国際経営学科のみであり、その偏差値は57.5~68.0となっています。また、大学入学共通テストでは73~80%の得点率が合格の目安となります。

中央大学の中では中堅程度の偏差値ではありますが、それでも偏差値が高水準であることには変わりなく、合格するのは簡単ではないでしょう。

国際情報学部

学科名 河合塾 ベネッセ 東進 共テ得点率
国際情報 57.5 69.0 63.0 75%(3教科)
73%(4教科)
83%(併用)

中央大学の国際情報学部に属する学科は国際情報学科のみとなっていて、その偏差値は57.5~69.0です。これは中央大学の学部としては3番目に高い偏差値であるため、中央大学の中ではやや合格ハードルの高い学部と考えられます。

大学入学共通テストの得点率についても73~83%と高く、相応の学力がなければ合格は難しいでしょう。

中央大学の偏差値を同レベルの大学と比較!

ここからは、中央大学の偏差値を同レベルの大学と比較します。

中央大学法学部と偏差値が同じ「法・経済・経営・商」系学部を持つ大学
中央大学国際情報学部と偏差値が同じ「環境・情報・国際」系学部を持つ大学
中央大学総合政策学部、経済学部、商学部と偏差値が同じ「法・経済・経営・商」系学部を持つ大学
中央大学国際経営学部と偏差値が同じ「法・経済・経営・商」系学部を持つ大学
中央大学文学部と偏差値が同じ「文・人文・人間」系学部を持つ大学
中央大学理工学部と偏差値が同じ「理・工学」系学部を持つ大学

東進の偏差値データを元に、中央大学の各学部と偏差値が同じ大学の学部を見ていきましょう。

中央大学法学部と偏差値が同じ「法・経済・経営・商」系学部を持つ大学

大学名 学部名 学科名
上智大学 総合人間科学学部 社会福祉学科
青山学院大学 国際政治経済学部 国際経済学科

中央大学法学部と偏差値が同じ「法・経済・経営・商」系学部を持つ大学としては、上智大学、青山学院大学が挙げられます。

どちらも中央大学と同じ東京都内の大学であり、併願はしやすいです。

ただし、上智大学総合人間科学部では社会福祉を学ぶのが中心であり、青山学院大学国際政治経済学部では政治や経済の分野を学ぶことになります。

そのため、法学部志望の方の併願先には適さない可能性もあります。

中央大学国際情報学部と偏差値が同じ「環境・情報・国際」系学部を持つ大学

大学名 学部名 学科名
立命館大学 国際関係学部 国際関係学科

中央大学国際情報学部と偏差値が同じ「環境・情報・国際」系学部を持つ大学としては、立命館大学が挙げられます。

立命館大学の中で偏差値が同じなのは国際関係学部であり、この学部ではさまざまな視点から国際社会の課題について学び、グローバル社会で活躍できる人間になることを目標としているという特色があります。

中央大学総合政策学部、経済学部、商学部と偏差値が同じ「法・経済・経営・商」系学部を持つ大学

大学名 学部名 学科名
同志社大学 経済学部 経済学科
明治大学 政治経済学部 地域行政学科

中央大学総合政策学部、経済学部、商学部と偏差値が同じ「法・経済・経営・商」系学部を持つ大学としては、同志社大学、明治大学が挙げられます。

特に明治大学は中央大学と同じ東京都の大学なので、併願先として有力です。同志社大学では経済学科、明治大学では地域行政学科の偏差値が同じなので、中央大学で志望する学科と近い分野を学べる学科を併願すると良いでしょう。

中央大学国際経営学部と偏差値が同じ「法・経済・経営・商」系学部を持つ大学

大学名 学部名 学科名
同志社大学 社会学部 社会福祉学科
学習院大学 国際社会科学学部 国際社会科学科

中央大学国際経営学部と偏差値が同じ「法・経済・経営・商」系学部を持つ大学としては、同志社大学、学習院大学が挙げられます。

偏差値が同じということで、併願する場合の候補となります。ただし、同志社大学で偏差値が同じなのは社会福祉学科、学習院大学で同じなのは国際社会科学科と、経営色はあまりありません。

経営分野について学びたい方の併願には向かないと言えます。

中央大学文学部と偏差値が同じ「文・人文・人間」系学部を持つ大学

大学名 学部名 学科名
上智大学 神学部 神学科
南山大学 人文学部 人類文化学科
國學院大学 文学部 史学科

中央大学文学部と偏差値が同じ「文・人文・人間」系学部を持つ大学としては、上智大学、南山大学、國學院大学が挙げられます。

上智大学や國學院大学は中央大学と同じ東京都にあり、地理的に併願しやすいと言えます。

ただし大学によって学べる分野は異なり、例えば上智大学で偏差値が同じなのは神学部で、主にキリスト教について学ぶことになります。

中央大学理工学部と偏差値が同じ「理・工学」系学部を持つ大学

大学名 学部名 学科名
同志社大学 理工学部 化学システム創成工学科
明治大学 農学部 生命科学科

中央大学理工学部と偏差値が同じ「理・工学」系学部を持つ大学としては、同志社大学、明治大学が挙げられます。

注意点として、偏差値が同じでも大学ごとに特色があるので、それを把握して志望校を選択することが大切です。

例として明治大学で偏差値が同じなのは農学部生命科学科であり、動物や植物を分析することを専門分野としています。

また、全国でおすすめの予備校が知りたい方は「【予備校おすすめランキング】全国的に人気で有名な大手予備校を比較!」もぜひ参考にしてください。

中央大学の偏差値52.5~75.0はどのくらい難しい?

偏差値 上位何%か
52.0 42.1%
53.0 38.2%
54.0 34.5%
55.0 30.9%
56.0 27.4%
57.0 24.2%
58.0 21.2%
59.0 18.4%
60.0 15.9%
61.0 13.6%
62.0 11.5%
63.0 9.7%
64.0 8.1%
65.0 6.7%
66.0 5.5%
67.0 4.5%
68.0 3.6%
69.0 2.9%
70.0 2.3%
71.0 1.8%
72.0 1.4%
73.0 1.1%
74.0 0.82%
75.0 0.62%

中央大学の偏差値52.5~75.0という数字は、どれくらの難易度を意味するのでしょうか。受験生の母集団が正規分布に従っていると仮定した場合、52.5という偏差値は「上位38.2~42.1%」であることを意味します。

したがって、受験生100人が受けた模試で38位以内に入る学力を持つ生徒は、中央大学に合格できる見込みがあるということになります。

具体的な学部を例に挙げると、商学部の偏差値が55.0~68.0です。上の表より、55.0という偏差値は「上位30.9%」であることを指します。つまり、受験生100人が受けた模試で上位30名以内に入ることができれば、商学部への合格可能性があると考えられます。

また、理工学部の偏差値について見ると、52.5~71.0となっています。上で説明した通り、52.5という偏差値は「上位38.2~42.1%」であることを意味するので、受験生100人が受けた模試で38位以内に入る学力があれば、理工学部への合格が見込めます。

大学受験でおすすめの模試が知りたい方は「【大学受験の模試おすすめ】予備校が運営する人気の全国模試を紹介!」をぜひ参考にしてください。

中央大学の偏差値まで学力を上げるポイント

早い段階で学習習慣をつける

中央大学の偏差値まで学力を上げるポイントのひとつは、できるだけ早い段階で学習習慣をつけることです。

中央大学は私立大学の中では難関校として知られ、合格には最低でも1,500時間程度の学習が必要とされています。そのため、早めに学習習慣をつけておかなければ、合格に必要な量の学習時間を確保することができません。

中央大学を志望すると決めたら、毎日学習時間を確保するよう努力しましょう。少しずつでも毎日学習を続けることが重要です。

高1~高2の間は学校生活が忙しい場合もあるので、土日や長期休暇に自主学習に取り組むことをおすすめします。高3では毎日可能な限り学習するようにし、十分な学習時間が確保できるようにしてください。

英語は読解スピードを高めておく

中央大学の偏差値まで学力を上げるポイントとなるのが、英語は読解スピードを高めておくことです。

中央大学の英語は問題量が多く、長文読解問題も出題されています。そのため、一つひとつの問題への解答に時間がかかってしまうと、試験時間が不足しやすいです。

時間内にすべての問題を解くためには、英文をスムーズに読み取れるように読解スピードを身につけておくことが求められます。読解スピードを伸ばすには、まずは文法の知識を習得することが大切です。

文法の知識がないと文章の意味を読み取れず、時間がかかってしまいます。また、十分な演習を行って豊富な英文に触れることも重要と言えます。数多くの英文を読み取ることで、少しずつ読解スピードを鍛えることができます。

数学は応用力を身につける

中央大学の偏差値まで学力を上げるポイントとして考えられるのが、数学の応用力を身につけることです。

中央大学の数学は基礎~標準レベルの問題ばかりではなく、応用力が問われるハイレベルな問題も出題されています。したがって、応用問題への対応力もつけておかないと他の受験生と差がついてしまいます。

いきなり応用問題の演習をしても対応できないので、まずは各単元の基礎を完全に習得することを目指しましょう。基礎知識に抜けがないようきちんと学習し、標準レベルの問題を自分で解けるようになってから、応用問題の演習に進むことが大切です。

応用問題への対策としては、過去問を解いてみるのがおすすめです。演習になるだけでなく、実際の出題形式も把握することができます。

中央大学の基本情報|大学の特徴や紹介動画をチェック

中央大学は、東京都八王子市東中野の多摩キャンパスに本部を置く私立大学です。設立されたのは1920年と古く、日本を代表する有名私立大学のひとつになっています。

中でも、特に法学部の法律学科はレベルが高いことで知られています。中央大学の「在学生の声」では、生徒の学習意欲に応えてさまざまな支援をしてくれる環境が整っていると紹介されています。

また、大学を挙げての留学支援や春、夏季休暇内のTOEIC集中講座もあり、英語力を伸ばしたいと考える学生の意欲にこたえてくれる環境となっています。

中央大学「在学生の声」

中央大学の紹介動画を見たい方は、こちらの動画をご覧ください。中央大学の多摩キャンパスの様子がまとめられた動画となっています。

関連サイト 中央大学公式ホームページ | Wikipedia
キャンパス住所 東京都八王子市東中野742-1

中央大学の受験対策におすすめの予備校

中央大学の受験対策におすすめの予備校は以下の通りです。

合格圏内の受験生:個別指導塾Wam
現時点で合格見込みが薄い受験生:武田塾

それぞれの予備校について詳しく見ていきましょう。

合格圏内の受験生:個別指導塾Wam

中央大学への合格の見込みがある方の場合、個別指導塾Wamでの受験対策をおすすめします。個別指導塾Wamでは生徒の目標達成に特化した学習プランが組まれるので、中央大学の受験に的を絞った対策が可能です。

また、個別指導塾Wamには個別指導を得意とするハイレベルな講師陣が揃っており、相性の良い講師による質の高い指導が受けられます。

そのため、現時点で偏差値が52.5を上回っていて、中央大学への合格の見込みがある方は、個別指導塾Wamの利用を検討してみてください。

個別指導塾Wamの口コミや評判をさらに詳しく知りたい方は、「【個別指導WAM】口コミ評判や料金を徹底解説!」も参考にしてください。

現時点で合格見込みが薄い受験生:武田塾

現時点では中央大学への合格見込みがないという受験生には武田塾をおすすめします。武田塾は授業をするのではなく、個別カリキュラムによる徹底指導で学力を伸ばすことができる個別指導塾です。

武田塾のカリキュラムは生徒の学力や志望校から逆算したものであるため、現時点でほとんど合格見込みがない方であっても逆転合格を目指せます。

中央大学を目指しているが偏差値が52.5に届かないという受験生は、ぜひ武田塾を検討してみてください。

また、武田塾の口コミや評判をさらに詳しく知りたい方は、「【武田塾】口コミ評判はどう?料金(費用)・合格実績は?」も参考にしてください。

 

さらに浪人生におすすめの予備校がどこか知りたい方は「浪人生におすすめの予備校ランキング!かかる費用や行かないとどうなるかを解説!」をご覧ください。

facebook はてなブックマーク

関連記事

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます。

大学受験は勉強法、やり方が大切 大学受験は、どのような勉強法で勉強するかが大切です。正しいやり方で勉強すれば、短時間でも学力を伸ばしていけるため、スムーズに志望校合格を目指すことができます。 しかし間違ったやり方で勉強す…

東京工科大学の偏差値・難易度まとめ(2024年度) ・東京工科大学の偏差値は37.5~64.0 ・東京工科大学の最低偏差値37.5は、大学上位88.5~90.3%の難易度 ・偏差値が最も高いのは、メディア学部の45.0~…

大妻女子大学の偏差値・難易度まとめ(2024年度) ・大妻女子大学の偏差値は42.5~65.0 ・大妻女子大学の最低偏差値42.5は、大学上位75.8~78.8%の難易度 ・偏差値が最も高いのは、社会情報学部の47.5~…

中学受験ではいつから塾に通うべきかご説明します。 「中学受験では何年生から塾に通えばいい?」 「中学受験の勉強や対策はいつから始めればいい?」 このような疑問をお持ちの方は、ぜひ参考にしてください。 今回の記事では以下の…

東京国際大学の偏差値・難易度まとめ(2023年度) ・東京国際大学の偏差値は35.0~53.0 ・東京国際大学の最低偏差値35.0は、大学上位93.3%の難易度 ・偏差値が最も高いのは、医療健康学部の37.5~53.0 …