【東京都市大学の偏差値】都市大の入試難易度のレベル・ランク2024!環境情報やメディア情報など学部別に難しい・簡単なのはどこか解説

投稿日:2021/07/14

更新日:2023/10/13

facebook はてなブックマーク
※本ページは広告が含まれており、本サイトは広告収入により運営がされています。
※掲載されている情報は、記事作成日もしくは更新日時点の内容で、最新の情報でない可能性があります。

目次

東京都市大学の偏差値・難易度まとめ(2024年度)

・東京都市大学の偏差値は45.0~63.0
・東京都市大学の最低偏差値45.0は、大学上位69.1%の難易度
・偏差値が最も高いのは情報工学部の57.5~63.0
・偏差値が最も低いのは、理工学部の45.0~58.0
・東京都市大学の受験対策として、現時点の偏差値が45.0以上なら「駿台予備校」、偏差値が45.0に届いていないなら「武田塾」がおすすめ

この記事は、東京都市大学の受験生を対象にして学部・学科別ごとに偏差値を紹介しています。今回は、参考サイトとして以下の3つのサイトのデータを参照しています。

河合塾Kei-Net
ベネッセマナビジョン
東進

なお、東京都市大学の学部の偏差値ランキングは以下の通りです。

偏差値(高い順) 学部
57.5~63.0 情報工学部
55.0~60.0 メディア情報学部
55.0~58.0 データ・デザイン科学部
偏差値(低い順) 学部
45.0~58.0 理工学部
45.0~59.0 環境学部
45.0~61.0 人間科学部

上表から東京都市大学の中では、理工学部の偏差値や入試難易度が低いことがわかります。なお今回は、他にも環境学部や情報工学部など、東京都市大学の学部ごとの偏差値や難易度を紹介します。

この記事を読むことで、各予備校で算出された東京都市大学の偏差値や難易度が把握できます。その結果、志望校を選択するためのひとつの参考として役立つでしょう。

※おすすめの大学受験の塾ランキングが知りたい方は「大学受験の塾ランキング!おすすめの大手進学塾や個別指導塾13校を比較!」をぜひご覧ください。

【学部・学科別】東京都市大学の偏差値はどのくらい?|入試難易度のレベルやランク2024

東京都市大学の各学部の偏差値は以下の通りです。

学部 偏差値
理工学部 45.0~58.0
建築都市デザイン学部 50.0~61.0
情報工学部 57.5~63.0
環境学部 45.0~59.0
メディア情報学部 55.0~60.0
都市生活学部 50.0~61.0
人間科学部 45.0~61.0
デザイン・データ科学部 55.0~58.0

上の表より、東京都市大学の学部で最も偏差値が高いのは情報工学部、最も偏差値が低いのは理工学部であることがわかります。ただし、同じ学部であっても学科によって偏差値は異なるため、学部ごとの偏差値についても確認しておく必要があります。

ここからは各学部・学科の偏差値について詳しく見ていきましょう。

理工学部

学科名 河合塾 ベネッセ 東進 共テ得点率
機械工 47.5 56.0 55.0 71%(3教科)
69%(5教科)
75%(前期理工探求型)
機械システム工 47.5 56.0 56.0 69%(3教科)
69%(5教科)
71%(前期理工探求型)
電気電子通信工 47.5 56.0 58.0 71%(3教科)
69%(5教科)
71%(前期理工探求型)
医用工 47.5 55.0 58.0 67%(3教科)
69%(5教科)
77%(前期理工探求型)
応用化学 52.5 56.0 58.0 71%(3教科)
69%(5教科)
74%(前期理工探求型)
原子力安全工 45.0 54.0 58.0 66%(3教科)
69%(5教科)
69%(前期理工探求型)
自然科学 50.0 55.0 57.0 67%(3教科)
69%(5教科)

東京都市大学の理工学部の偏差値は、学科ごとに45.0~58.0となっています。この偏差値は、東京都市大学の学部としては最も低い数値です。したがって、理工学部は東京都市大学の中では合格ハードルが低い学部と言えます。

中でも最も偏差値が低いのは原子力安全工学科で、難易度も最も低いと考えられます。

建築都市デザイン学部

学科名 河合塾 ベネッセ 東進 共テ得点率
建築 55.0 61.0 59.0 79%(3教科)
72%(5教科)
都市工 50.0 56.0 55.0 71%(3教科)
69%(5教科)

東京都市大学の建築都市デザイン学部の偏差値は、学科ごとに50.0~61.0となっています。建築都市デザイン学部には建築学科と都市工学科の2学科がありますが、偏差値はそれぞれ55.0~61.0、50.0~56.0です。

したがって、建築都市デザイン学部では都市工学科の方が合格ハードルは低いと見られます。

情報工学部

学科名 河合塾 ベネッセ 東進 共テ得点率
情報科学 57.5 62.0 63.0 83%(3教科)
73%(5教科)
知能情報工 57.5 62.0 57.0 81%(3教科)
73%(5教科)

東京都市大学の情報工学部の偏差値は、学科ごとに57.5~63.0となっています。この偏差値は東京都市大学の学部としては最も高いものであるため、東京都市大学の中では合格難易度が特に高い学部と見ることができます。

メディア情報学部には情報科学科と知能情報工学科がありますが、情報科学科の偏差値がわずかに高く、合格ハードルもやや高いと言えます。

環境学部

学科名 河合塾 ベネッセ 東進 共テ得点率
環境創生 50.0 56.0 56.0 70%(3教科)
69%(5教科)
環境経営システム 45.0 59.0 56.0 66%(3教科)
69%(5教科)

東京都市大学の環境学部の偏差値は、学科ごとに45.0~59.0となっています。この偏差値は東京都市大学の学部としては2番目に低い数値であるため、東京都市大学の中では合格ハードルの低い学部であると考えられます。

学科別の偏差値を見ると環境経営システム学科の偏差値がやや低く、合格を狙いやすい学科と見られます。

メディア情報学部

学科名 河合塾 ベネッセ 東進 共テ得点率
社会メディア 55.0 58.0 60.0 77%(3教科)
69%(5教科)
情報システム 57.5 58.0 60.0 83%(3教科)
73%(5教科)

東京都市大学のメディア情報学部の偏差値は、学科ごとに55.0~60.0となっています。この偏差値は東京都市大学の学部としては2番目に高い水準であるため、メディア情報学部は東京都市大学の中では入試難易度が高めの学部と言えます。

社会メディア学科と情報システム学科の2学科がありますが、偏差値は情報システム学科の方が高く、合格ハードルも高いと見られます。

都市生活学部

学科名 河合塾 ベネッセ 東進 共テ得点率
都市生活 50.0 59.0 61.0 72%(3教科)
70%(5教科)

東京都市大学の都市生活学部に属する学科は都市生活学科のみであり、その偏差値は50.0~61.0です。東京都市大学の学部としては、特別高くも低くもない数値です。

大学入学共通テストの合格の目安となる得点率は70~72%で、5教科型の方がやや低くなっています。

人間科学部

学科名 河合塾 ベネッセ 東進 共テ得点率
児童 45.0 56.0 61.0 70%(3教科)
69%(5教科)

東京都市大学の人間科学部に属する学科は児童学科のみであり、その偏差値は45.0~61.0となっています。この偏差値は東京都市大学の学部としては3番目に低い数値であるため、人間科学部は東京都市大学の中では比較的合格ハードルが低い学部と考えられます。

入試方式は3教科型と5教科型があり、大学入学共通テストの得点率は5教科型の方がわずかに低いのが特徴です。

デザイン・データ科学部

学科名 河合塾 ベネッセ 東進 共テ得点率
デザイン・データ科学 55.0 58.0 70%(3教科)
69%(5教科)

東京都市大学のデザイン・データ科学部に属する学科はデザイン・データ学科のみであり、その偏差値は55.0~58.0となっています。この偏差値は東京都市大学の学部としては3番目に数値であるため、デザイン・データ科学部は東京都市大学では比較的合格ハードルの高い学部と考えられます。

入試方式は3教科型と5教科型があり、大学入学共通テストの得点率は5教科型がわずかに低くなっています。

東京都市大学の偏差値を同レベルの大学と比較!

ここからは、東京都市大学の偏差値を同レベルの大学と比較します。

東京都市大学メディア情報学部と偏差値が同じ「法・経済・経営・商」系学部を持つ大学
東京都市大学都市生活学部と偏差値が同じ「家政・生活・栄養」系学部を持つ大学
東京都市大学環境学部と偏差値が同じ「環境・情報・国際」系学部を持つ大学
東京都市大学建築都市デザイン学部と偏差値が同じ「理・工学」系学部を持つ大学
東京都市大学情報工学部と偏差値が同じ「環境・情報・国際」系学部を持つ大学
東京都市大学理工学部と偏差値が同じ「理・工学」系学部を持つ大学

東進の偏差値データを元に、東京都市大学の各学部と偏差値が同じ大学の学部を見ていきましょう。

東京都市大学メディア情報学部と偏差値が同じ「法・経済・経営・商」系学部を持つ大学

大学名 学部名 学科名
摂南大学 経営学部 経営学科
日本大学 経済学部 産業経営学科
東北芸術工科大学 デザイン工学部 企画構想学科
東洋大学 経済学部 経済学科

東京都市大学メディア情報学部と偏差値が同じ「法・経済・経営・商」系学部を持つ大学としては、「摂南大学」「日本大学」「東北芸術工科大学」「東洋大学」が挙げられます。

ただし、この4校は学部が経済学部や経営学部、デザイン工学部となっています。したがって、東京都市大学メディア情報学部を志望する受験生が併願するのにはあまり向かないと考えられます。

東京都市大学都市生活学部と偏差値が同じ「家政・生活・栄養」系学部を持つ大学

大学名 学部名 学科名
ノートルダム清心女子大学 人間生活学部 人間生活学科
共立女子大学 家政学部 食物栄養学科

東京都市大学都市生活学部と偏差値が同じ「家政・生活・栄養」系学部を持つ大学としては、「ノートルダム清心女子大学」「共立女子大学」が挙げられます。

偏差値こそ同じですが、どちらの大学都市生活学とは異なる分野の学部を持つ大学となっています。そのため、大学で具体的にどのような学問を学びたいのかによって志望校を決めると良いでしょう。

東京都市大学環境学部と偏差値が同じ「環境・情報・国際」系学部を持つ大学

大学名 学部名 学科名
大阪経済大学 情報社会学部 情報社会学科
日本大学 国際関係学部 国際総合政策学科
追手門学院大学 国際教養学部 国際教養学科
麗澤大学 国際学部 国際学科

東京都市大学環境学部と偏差値が同じ「環境・情報・国際」系学部を持つ大学としては、「大阪経済大学」「日本大学」「追手門学院大学」「麗澤大学」が挙げられます。

ただし、これらの大学はいずれも情報系の学部または国際系の学部を持つ大学です。したがって、環境分野を専攻したい方の併願にはあまり向かないと考えられます。

東京都市大学建築都市デザイン学部と偏差値が同じ「理・工学」系学部を持つ大学

大学名 学部名 学科名
中央大学 理工学部 応用化学科
東京理科大学 理学部 応用物理学科
法政大学 生命科学部 生命機能学科
立命館大学 生命科学部 生命医科学科

東京都市大学建築都市デザイン学部と偏差値が同じ「理・工学」系学部を持つ大学としては、「中央大学」「東京理科大学」「法政大学」「立命館大学」が挙げられます。

学部の系統が同じではあるものの、この4校の中には建築やデザインを専門とする学部はありません。したがって、東京都市大学建築都市デザイン学部を志望する受験生は、多少偏差値に幅を持たせて建築系の学部や学科を持つ大学を探す必要があります。

東京都市大学情報工学部と偏差値が同じ「環境・情報・国際」系学部を持つ大学

大学名 学部名 学科名
摂南大学 理工学部 建築学科
東京女子大学 現代教養学部 数理科学科
東京電機大学 システムデザイン工学部 情報システム工学科
東北芸術工科大学 デザイン工学部 グラフィックデザイン学科

東京都市大学情報工学部と偏差値が同じ「環境・情報・国際」系学部を持つ大学としては、「摂南大学」「東京女子大学」「東京電機大学」「東北芸術工科大学」が挙げられます。

このうち東京電機大学については情報システム工学科を持つので、情報工学の分野を学びたい方の併願が考えられます。一方、他の3校については情報分野の学部や学科ではないため、併願には適さないでしょう。

東京都市大学理工学部と偏差値が同じ「理・工学」系学部を持つ大学

大学名 学部名 学科名
日本大学 理工学部 交通システム工学科
東京理科大学 理学部 化学科
甲南大学 知能情報学部 知能情報学科
立命館大学 理工学部 数学物理系物理科学科

東京都市大学理工学部と偏差値が同じ「理・工学」系学部を持つ大学としては、「日本大学」「東京理科大学」「甲南大学」「立命館大学」が挙げられます。

同じ系統の学部であっても専門とする分野は大学によって異なり、例として日本大学では交通システム工学、東京理科大学では化学を専攻することになります。自分がどの分野を学びたいかによって併願先を検討しましょう。

また、全国でおすすめの予備校が知りたい方は「【予備校おすすめランキング】全国的に人気で有名な大手予備校を比較!」もぜひ参考にしてください。

東京都市大学の偏差値45.0~63..0はどのくらい難しい?

偏差値 上位何%か
45.0 69.1%
46.0 65.5%
47.0 61.8%
48.0 57.9%
49.0 54.0%
50.0 50.0%
51.0 46.0%
52.0 42.1%
53.0 38.2%
54.0 34.5%
55.0 30.9%
56.0 27.4%
57.0 24.2%
58.0 21.2%
59.0 18.4%
60.0 15.9%
61.0 13.6%
62.0 11.5%
63.0 9.7%

東京都市大学の偏差値45.0~63.0という数値は、具体的にどれくらいの難易度となるのでしょうか。受験生の母集団が正規分布に従っていると仮定すると、45.0という偏差値は「上位69.1%」であることを指します。

つまり、受験生100名が受ける模試で上位69位以内に入るだけの学力があれば、東京都市大学への合格見込みがあるということになります。ただし、偏差値63の情報工学部を志望する場合には、100名が受ける模試で上位9位程度の高い学力が必要です。

この学力を目安として模試を受けてみることで、合格にあとどの程度の学力が必要であるかがわかるでしょう。

大学受験でおすすめの模試が知りたい方は「【大学受験の模試おすすめ2021】予備校が運営する人気の全国模試を紹介!」をぜひ参考にしてください。

東京都市大学の偏差値まで学力を上げるポイント

英語は文法・語法を定着させる

東京都市大学の偏差値まで学力を上げるポイントのひとつが、英語の文法・語法を定着させておくことです。東京都市大学の英語では、長文を読解して和訳する、空欄を埋めるといった問題がよく出題されています。

これらの問題に正答するには、文法や語法を正確に理解しておく必要があります。教科書で学ぶ文法や語法については、完全に定着させておくようにしましょう。短期間ですべて身につけるのは難しいので、普段からの学習が重要です。

また、過去問や文法問題集を使った演習を行い、身につけた知識をきちんと使えるかも確認しておく必要があります。

数学は記述式の演習をする

東京都市大学に合格できるレベルまで学力を高めるには、数学の記述式問題の演習をすることがポイントとなります。

東京都市大学の数学はごく標準的な難易度で、中には基礎レベルの問題も含まれています。そのため、極端に難易度の高い問題への対策は必要がありません。ただし、解答はすべて記述式となっているので、記述力が身についていないと得点することが難しくなります。

演習方法としては、過去問や問題集の問題を実際に解いてみた上で、添削指導を受けるのが良いでしょう。添削を受けて解答を改善していくことで、記述式問題への対応力をつけることができます。

物理はすべての分野を対策する

東京都市大学に合格できる学力を身につけるポイントとなるのが、物理はすべての分野をまんべんなく対策するということです。東京都市大学の物理の難易度は標準的で、きちんと対策できていれば高得点を狙いやすいです。

ただし、出題範囲が広く、幅広い分野から出題される特徴があります。したがって、苦手としている分野があるとそれだけ得点を落としてしまうことになります。

出題範囲はすべて復習しておき、弱点をなくすようにしましょう。模試や演習で間違えた問題については必ず見直しを行い、同じミスを繰り返さないようにすることが大切です。

東京都市大学の基本情報|大学の特徴や紹介動画をチェック

東京都市大学は、東京都世田谷区に本部を置く私立大学です。本部となる世田谷キャンパスのほかに、横浜キャンパス、王禅寺キャンパス、等々力キャンパスを開設しています。一人ひとりの個性を尊重したキャリア支援を行い、就職にも強いのが特色です。

環境学部の在学生インタビューでは、教員との距離が近く、さまざまな視点から物事を考えられるようになることが魅力として挙げられています。

目指したい自分を探す中で、「教員との距離が近い、教員と話しやすい」ことはとても有益でした。環境の捉え方を一つとっても、捉え方は教員に応じて少しずつ違うし、逆にそこから「一つの見方だけではない」ことを学ぶことができました。

東京都市大学環境学部「在学生インタビュー」

東京都市大学の紹介動画を見たい方は、こちらの動画をご覧ください。世田谷キャンパスの施設や風景が取り上げられています。

関連サイト 東京都市大学公式ホームページ | Wikipedia
キャンパス住所 東京都世田谷区玉堤1丁目28-1

東京都市大学の受験対策におすすめの予備校

東京都市大学の受験対策におすすめの予備校は以下の通りです。

合格圏内の受験生:駿台予備校
現時点で合格見込みが薄い受験生:武田塾

それぞれの予備校について詳しく見ていきましょう。

合格圏内の受験生:駿台予備校

東京都市大学が既に合格圏内にあるという方には、駿台予備校で受験対策をするのがおすすめです。駿台予備校では志望校別のクラスを開講しているので、東京都市大学の受験に特化した無駄のない対策が進められます。

また、駿台予備校で指導を行うのは指導技術に優れたプロ講師ばかりであるため、授業内容も理解しやすいです。そのため、現時点で偏差値が志望学部の数値以上あるような方の場合は、駿台予備校に通うことをおすすめします。
また、駿台予備校の口コミや評判をさらに詳しく知りたい方は、「【駿台予備校】口コミ評判や各コースの学費料金を解説!」も参考にしてください。

現時点で合格見込みが薄い受験生:武田塾

現時点では東京都市大学への合格見込みがないという方には、武田塾がおすすめです。武田塾では授業をせず、個別カリキュラムでの徹底指導で逆転合格を目指すことを特徴としています。

志望校合格から逆算したカリキュラムに従って学習することで、逆転合格を目指せます。また、テキストを完全に仕上げるまでは次に進まないため、確実に学力が伸びていきます。偏差値がまだ志望学部の数値に届かず合格が見込めないという方は、武田塾を検討してみてください。
また、武田塾の口コミや評判をさらに詳しく知りたい方は、「【武田塾】口コミ評判はどう?料金(費用)・合格実績は?」も参考にしてください。

さらに浪人生におすすめの予備校がどこか知りたい方は「浪人生におすすめの予備校ランキング!かかる費用や行かないとどうなるかを解説!」をご覧ください。

facebook はてなブックマーク

関連記事

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます。

中学受験の入塾テストとは? 中学受験塾の中には入塾テストを課しているところがあります。入塾テストとは、生徒の現時点での学力を把握するためのもので、生徒の実力に合わせた指導やクラス分けをするための参考とされています。 また…

横浜市立大学の偏差値・難易度まとめ(2023年度) ・横浜市立大学の偏差値は52.5~70.0 ・横浜市立大学の最低偏差値52.5は、大学上位38.2~42.1%の難易度 ・偏差値が最も高いのは、データサイエンス学部の5…

「高校受験に向けた適切な勉強方法が知りたい」 「受験勉強を進める上で必要な心構えや注意点は?」 高校受験を迎えるにあたり、上記のように感じている方も多いのではないでしょうか。 高校受験の勉強をする上で大切なのは、きちんと…

龍谷大学の偏差値・難易度まとめ(2023年度) ・龍谷大学の偏差値は40.0~68.0 ・龍谷大学の最低偏差値40.0は、大学上位84.1%の難易度 ・偏差値が最も高い学部は、心理学部の52.5~65.0(最も高い学科は…

家庭教師のトライの利用を検討している方にとって気になることといえば、料金がどれくらいかかるかということでしょう。今回は、家庭教師のトライの料金や、お得なキャンペーンについて取り上げます。 「家庭教師のトライの授業料はいく…