【東京電機大学の偏差値】電大の入試難易度のレベル・ランク2022!理工や工など学部別に難しい・簡単なのはどこか解説

投稿日:2021/07/26

更新日:2022/09/23

facebook はてなブックマーク
※掲載されている情報は、記事作成日もしくは更新日時点の内容で、最新の情報でない可能性があります。

東京電機大学の偏差値・難易度まとめ(2022年度)

・東京電機大学の偏差値は42.5~63.0
・東京電機大学の最低偏差値42.5は、大学上位75.8~78.8%の難易度
・偏差値が最も高いのは、システムデザイン工学部の50.0~63.0
・偏差値が最も低いのは、工学部第二部の42.5~53.0
・東京電機大学の受験対策として、現時点の偏差値が42.5以上なら「駿台予備校」、偏差値が42.5に届いていないなら「武田塾」がおすすめ

この記事は、東京電機大学の受験生を対象にして学部・学科別ごとに偏差値を紹介しています。今回は、参考サイトとして以下の3つのサイトのデータを参照しています。

河合塾Kei-Net
ベネッセマナビジョン
東進

なお、東京電機大学の学部の偏差値ランキングは以下の通りです。

偏差値(高い順) 学部
50.0~63.0 システムデザイン工学部
47.5~63.0 未来科学部、工学部
偏差値(低い順) 学部
42.5~53.0 工学部第二部
47.5~60.0 理工学部

上表から東京電機大学の中では、工学部第二部の偏差値や入試難易度が低いことがわかります。なお今回は、他にも理工学部や工学部など、東京電機大学の学部ごとの偏差値や難易度を紹介します。

この記事を読むことで、各予備校で算出された東京電機大学の偏差値や合格難易度が把握できます。その結果、志望校選びをする際のひとつの参考となるでしょう。

※おすすめの大学受験の塾ランキングが知りたい方は「大学受験の塾ランキング!おすすめの大手進学塾や個別指導塾13校を比較!」をぜひご覧ください。

【学部・学科別】東京電機大学の偏差値はどのくらい?|入試難易度のレベルやランク2022

東京電機大学の各学部の偏差値は以下の通りです。

学部 偏差値
システムデザイン工学部 50.0~63.0
未来科学部 47.5~63.0
工学部 47.5~63.0
理工学部 47.5~60.0
工学部第二部 42.5~53.0

上の表より、東京電機大学の学部で最も偏差値が高いのはシステムデザイン工学部、最も偏差値が低いのは工学部第二部であることがわかります。注意点として、同じ学部であっても学科によって偏差値や入試難易度が異なる場合があります。

そのため、志望校を選択するにあたっては、学部別の偏差値だけでなく学科別の偏差値も確認する必要があります。

ここからは各学部・学科の偏差値について詳しく見ていきましょう。

システムデザイン工学部

学科名 河合塾 ベネッセ 東進 共テ得点率
情報システム工 52.5 63.0 60.0 71%(3教科)
68%(4教科)
デザイン工 50.0 58.0 60.0 67%(3教科)
66%(4教科)

東京電機大学のシステムデザイン工学部の偏差値は、学科ごとに50.0~63.0となっています。この偏差値は東京電機大学の学部では最も高い数値であるため、東京電機大学の中で最も入試難易度の高い学部であると考えられます。

システムデザイン工学部には情報システム工学科とデザイン工学科の2学科がありますが、偏差値は情報システム工学科の方が高く、難易度も高いと見られます。

未来科学部

学科名 河合塾 ベネッセ 東進 共テ得点率
建築 52.5 62.0 58.0 67%(3教科)
65%(4教科)
情報メディア 52.5 63.0 58.0 66%(3教科)
66%(4教科)
ロボット・メカトロニクス 47.5 58.0 58.0 65%(3教科)
61%(4教科)

東京電機大学の未来科学部の偏差値は、学科ごとに47.5~63.0となっています。この偏差値は東京電機大学の学部としてはシステムデザイン工学部に次いで高いものであるため、東京電機大学の中でもやや合格ハードルは高いと言えます。

3つの学科のうちロボット・メカトロニクス学科のみやや偏差値が低く、合格難易度も他の学科より低いと考えられます。

工学部

学科名 河合塾 ベネッセ 東進 共テ得点率
電気電子工 47.5 60.0 55.0 64%(3教科)
64%(4教科)
電子システム工 50.0 58.0 57.0 65%(3教科)
64%(4教科)
応用化学 50.0 60.0 57.0 66%(3教科)
65%(4教科)
機械工 50.0 60.0 55.0 68%(3教科)
64%(4教科)
先端機械工 47.5 56.0 57.0 64%(3教科)
63%(4教科)
情報通信工 52.5 63.0 57.0 69%(3教科)
65%(4教科)

東京電機大学の工学部の偏差値は、学科ごとに47.5~63.0となっています。この偏差値は未来科学部と並ぶ数値であるため、入試難易度も未来科学部と同程度の学部であると考えられます。

工学部には6つの学科がありますが、先端機械工学科が偏差値47.5~57.0と最も低いです。したがって、工学部では先端機械工学科の合格ハードルが最も低いと見られます。

理工学部

学科名 河合塾 ベネッセ 東進 共テ得点率
理学系 50.0 56.0 52.0 63%(3教科)
60%(4教科)
生命科学系 47.5 55.0 52.0 57%(3教科)
53%(4教科)
情報システムデザイン学系 52.5 60.0 52.0 65%(3教科)
63%(4教科)
機械工学系 47.5 55.0 52.0 59%(3教科)
58%(4教科)
電子工学系 47.5 53.0 52.0 56%(3教科)
55%(4教科)
建築・都市環境学系 47.5 58.0 52.0 58%(3教科)
56%(4教科)

東京電機大学の理工学部の偏差値は、学科ごとに47.5~60.0となっています。この偏差値は東京電機大学の学部としては工学部第二部に次いで低い水準であるため、東京電機大学の中ではやや合格ハードルは低いと言えます。

中でも電子工学系は47.5~53.0と理工学部でも低い偏差値であるため、合格を狙いやすいと考えられます。

工学部第二部

学科名 河合塾 ベネッセ 東進 共テ得点率
電気電子工 42.5 51.0 60%
機械工 42.5 50.0 55%
情報通信工 42.5 53.0 55%

東京電機大学の工学部第二部の偏差値は、学科ごとに42.5~53.0となっています。この偏差値は東京電機大学の学部としては最も低い数値なので、東京電機大学では工学部第二部の合格難易度が最も低いと見られます。

学科別の偏差値を見ると機械工学科の偏差値が42.5~50.0と最も低いので、機械工学科が最も合格ハードルの低い学科と言えます。

東京電機大学の偏差値を同レベルの大学と比較!

ここからは、東京電機大学の偏差値を同レベルの大学と比較します。

東京電機大学未来科学部と偏差値が同じ「環境・情報・国際」系学部を持つ大学
東京電機大学システムデザイン工学部と偏差値が同じ「理・工学」系学部を持つ大学
東京電機大学工学部と偏差値が同じ「理・工学」系学部を持つ大学
東京電機大学理学部と偏差値が同じ「理・工学」系学部を持つ大学

東進の偏差値データを元に、東京電機大学の各学部と偏差値が同じ大学の学部を見ていきましょう。

東京電機大学未来科学部と偏差値が同じ「環境・情報・国際」系学部を持つ大学

大学名 学部名 学科名
津田塾大学 学芸学部 情報科学科

東京電機大学未来科学部と偏差値が同じ「環境・情報・国際」系学部を持つ大学としては、津田塾大学が挙げられます。

津田塾大学は学芸学部情報科学科を持つ大学であるため、東京電機大学未来科学部と同様に情報分野を専攻することができます。したがって、情報分野を専門として学びたい受験生であれば、併願することも考えられます。

東京電機大学システムデザイン工学部と偏差値が同じ「理・工学」系学部を持つ大学

大学名 学部名 学科名
東京女子大学 現代教養学部 数理科学科
東京都市大学 理工学部 機械システム工学科
東北芸術工科大学 デザイン工学部 グラフィックデザイン学科
東邦大学 理学部 生物分子科学科

東京電機大学システムデザイン工学部と偏差値が同じ「理・工学」系学部を持つ大学としては、東京女子大学、東京都市大学、東北芸術工科大学、東邦大学が挙げられます。

ただし、学部の系統が同じでも専門とする分野が大学ごとに異なります。情報システム工学を専門とする学科はないので、東京電機大学でこの分野を専攻したい方の併願には適さず、他の大学に目を向ける必要があります。

東京電機大学工学部と偏差値が同じ「理・工学」系学部を持つ大学

大学名 学部名 学科名
東京農業大学 生命科学部 分子生命化学科
東京都市大学 理工学部 電気電子通信工学科
東邦大学 理学部 化学科
武蔵野大学 工学部 建築デザイン学科

東京電機大学工学部と偏差値が同じ「理・工学」系学部を持つ大学としては、東京農業大学、東京都市大学、東邦大学、武蔵野大学が挙げられます。

同系統の学部でも専門とする分野は大学によって異なり、例として東京都市大学では電気電子通信工学、武蔵野大学では建築デザイン学を専攻します。自分がどの分野を学びたいかによって、志望校を選択しましょう。

東京電機大学理学部と偏差値が同じ「理・工学」系学部を持つ大学

大学名 学部名 学科名
愛知工業大学 工学部 土木工学科
東京都市大学 理工学部 医用工学科
東邦大学 理工学部 応用化学科
神奈川大学 理学部 生物科学科

東京電機大学理学部と偏差値が同じ「理・工学」系学部を持つ大学としては、愛知工業大学、東京都市大学、東邦大学、神奈川大学が挙げられます。

中でも東京都市大学や東邦大学は理工学部、神奈川大学は理学部を持つので、併願先の候補となります。大学ごとの教育方針や学科を比較し、自分が学びたい分野を専攻できる大学を選択すると良いでしょう。

また、全国でおすすめの予備校が知りたい方は「【予備校おすすめランキング】全国的に人気で有名な大手予備校を比較!」もぜひ参考にしてください。

東京電機大学の偏差値42.5~63.0はどのくらい難しい?

偏差値 上位何%か
42.0 78.8%
43.0 75.8%
44.0 72.6%
45.0 69.1%
46.0 65.5%
47.0 61.8%
48.0 57.9%
49.0 54.0%
50.0 50.0%
51.0 46.0%
52.0 42.1%
53.0 38.2%
54.0 34.5%
55.0 30.9%
56.0 27.4%
57.0 24.2%
58.0 21.2%
59.0 18.4%
60.0 15.9%
61.0 13.6%
62.0 11.5%
63.0 9.7%

東京電機大学の偏差値42.5~63.0という数値は、どの程度の難易度となるのでしょうか。受験生の母集団が正規分布に従っていると仮定した場合、42.5という偏差値は「上位75.8~78.8%」であることを指します。

つまり、受験生100名が受ける模試で75位以内に入る学力があれば、東京電機大学に合格できる見込みがあるということになります。

この学力を目安として模試を繰り返し受けることで、合格のためにはあとどれだけの学力が必要であるか見当がつくでしょう。

大学受験でおすすめの模試が知りたい方は「【大学受験の模試おすすめ2021】予備校が運営する人気の全国模試を紹介!」をぜひ参考にしてください。

東京電機大学の基本情報|大学の特徴や紹介動画をチェック

東京電機大学は、東京都足立区千住旭町に本部となる東京千住キャンパスを置く私立大学です。また、埼玉県比企郡鳩山町に埼玉鳩山キャンパス、千葉県印西市に千葉ニュータウンキャンパスを開設しています。工学分野を専門とし、就職に強いことで知られています。

「WEB INTERVIEW -活躍する在学生-」では、東京電機大学では早い段階でさまざまなことを学べるので、自分にどの分野が向いているかがわかったという学生の意見が取り上げられています。

よい意味で、最初から割と多くのこと、高度なことを勉強するなぁ、と思いました。その後に徐々に慣らしていくような印象です。そのおかげで、私の場合は割と早い段階で「どの分野が向いていないか」が分かり、2 年生の後期の頃には「自分にできること」がはっきりしてきました。

東京電機大学未来科学部情報メディア学科「WEB INTERVIEW -活躍する在学生-」

東京電機大学の紹介動画を見たい方は、こちらの動画をご覧ください。キャンパスの設備や学習環境について紹介されています。

関連サイト 東京電機大学公式ホームページ | Wikipedia
キャンパス住所 東京都足立区千住旭町5

東京電機大学の受験対策におすすめの予備校

東京電機大学の受験対策におすすめの予備校は以下の通りです。

合格圏内の受験生:駿台予備校
現時点で合格見込みが薄い受験生:武田塾

それぞれの予備校について詳しく見ていきましょう。

合格圏内の受験生:駿台予備校

すでに東京電機大学が合格圏内にある受験生には、駿台予備校での受験対策をおすすめします。駿台予備校では志望校レベルに合わせた講座を開講しているため、東京電機大学の入試に合わせた対策ができます。

また、駿台予備校で指導を行うのは受験を知り尽くしたプロ講師ばかりなので、指導の質も高いです。現時点で模試の偏差値が42.5以上あり、東京電機大学への合格が見込めるなら、駿台予備校を検討すると良いでしょう。

また、駿台予備校の口コミや評判をさらに詳しく知りたい方は、「【駿台予備校】口コミ評判や各コースの学費料金を解説!」も参考にしてください。

現時点で合格見込みが薄い受験生:武田塾

現時点で東京電機大学への合格見込みが薄い受験生には、武田塾での受験対策をおすすめします。武田塾は授業を行わず、個別カリキュラムによる指導と自学自習の管理によって志望校合格を目指すのが特徴です。

カリキュラムは志望校合格から逆算されているので、計画的に学力を伸ばすことができ、現時点では合格の厳しい受験生でも逆転合格を狙うことができます。

偏差値が42.5に満たず、東京電機大学への合格が見込めない受験生は、武田塾を検討してみてください。

また、武田塾の口コミや評判をさらに詳しく知りたい方は、「【武田塾】口コミ評判はどう?料金(費用)・合格実績は?」も参考にしてください。

さらに浪人生におすすめの予備校がどこか知りたい方は「浪人生におすすめの予備校ランキング!かかる費用や行かないとどうなるかを解説!」をご覧ください。

facebook はてなブックマーク

関連記事

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます。

国士舘大学の偏差値・難易度まとめ(2022年度) ・国士舘大学の偏差値は37.5~65.0 ・国士舘大学の最低偏差値37.5は、大学上位90.3%の難易度 ・偏差値が最も高いのは、政経学部の50.0~65.0 ・偏差値が…

予備校の年間学費・費用や相場はいくら? 予備校に通いたいものの、費用がどのくらいかかるものか事前に知っておきたいという方が多いのではないでしょうか。 一般的に予備校に通うのにかかる年間学費は、現役生の場合は約68〜113…

東京農業大学の偏差値・難易度まとめ(2021年度) ・東京農業大学の偏差値は40.0~64.0 ・東京農業大学の最低偏差値40.0は、大学上位84.1%の難易度 ・偏差値が最も高いのは、応用生物科学部の47.5~64.0…

東京国際大学の偏差値・難易度まとめ(2021年度) ・東京国際大学の偏差値は35.0~54.0 ・東京国際大学の最低偏差値35.0は、大学上位93.3%の難易度 ・偏差値が最も高いのは、国際関係学部の40.0~52.0 …

高校受験の推薦とは? 高校受験の推薦入試とは、高校ごとの推薦基準を満たした学生が、中学校長の推薦を受けて出願することができる入試方式です。面接や小論文、調査書の成績によって合否が判定されます。 推薦基準は主に内申点ですが…