塾に行きたくない・めんどくさいと感じるときの原因や対処法を紹介!

投稿日:2020/08/29

更新日:2020/12/28

facebook はてなブックマーク

塾に行きたくない・めんどくさいと感じるときによくある原因

学習塾に通っている人のなかには、行きたくない・行くのがめんどくさいと感じる人もいます。塾に通う本人の問題や塾側の問題など理由は人それぞれですが、特にありがちな原因についていくつかご紹介します。

※おすすめの学習塾ランキングについて知りたい方は「【学習塾人気ランキング】中学受験・高校受験でおすすめの有名塾や進学塾を比較!」を参考にしてください。

勉強が楽しくない

塾に通う本人が勉強を楽しくないと思っていることが、塾に行きたくなくなる原因としてありがちです。勉強をするよりも遊んだり部活をしたりする方が楽しいと感じる人も多いことから、塾に通うモチベーションを維持できなくなってしまっています。

しかし、受験を控えている中学3年生や高校3年生が同じような考え方では危ない状況といえます。このような生徒は、受験が今後の人生を左右する大切なイベントであることに気づけていないのかもしれません。

授業内容が難しすぎる

塾の授業内容が難しくてついていけないから、塾に行きたくないという人もいます。ついていけない、理解できないという挫折を何度も経験してしまうと自信を失い、やがて行きたくなくなってしまいます。

また、同じ授業を受けたとしても学力の伸びに個人差が出る場合もあるため、やる気がある生徒であっても挫折する経験を繰り返してしまうかもしれません。このような場合は、カリキュラムや授業を受ける形式が生徒自身に合っていない可能性があります。

先生が合わない

塾でいちばん接する機会が多いのは先生であり、その先生と相性が合わないと塾に行きたくなくなります。合わないパターンとしてありがちなのは、先生の指導法が分かりにくいことです。

長々と板書して要点が分かりづらいなど、苦痛に感じる指導をしているケースが多いです。また、先生のしゃべり方が気になる、質問の当て方に偏りがあるなど先生との相性が悪いというパターンもあります。最悪の場合、特定の科目だけ授業に行きたがらない生徒もいます。

塾に行きたくない・めんどくさいと感じるときの対処法

塾に行きたくない、めんどくさいと思いながら授業を受けてもなかなか成績が上がらないため、せっかく払っている授業料も無駄になってしまうかもしれません。

そんなときは塾に行きたくなるような気持ちにさせる工夫が必要ですが、どのような方法が効果的なのかは人それぞれです。そこで、どのような対処法があるのか見ていきましょう。

勉強が楽しくなるよう工夫する

塾に行きたくないと思う原因の一つは、勉強が楽しくないと感じているためです。そこで、勉強が楽しくなるような工夫を生徒自身や保護者が心がけることが大切です。

例えば、勉強ができることで将来どのようなメリットがあるか、志望校に合格したらどのような生活が待っているかなど、楽しい将来をイメージすることで勉強へのモチベーションが高まり、勉強を楽しく感じることができます。

また、苦手科目の得点が少し上がったなどの成功体験を積み重ねること、そしてそれを褒めてあげることも効果的です。

塾側に希望を伝えてみる

生徒が塾側に不満を持っていることが塾に行きたくない原因の場合は、生徒自身がどれだけ頑張っても改善できないこともあります。そんなときは、自分の希望を塾側に伝えてみるのも良いでしょう。

例えば、授業内容が難しくて付いていけないようなら、自分の学力に適切なレベルのクラスに変えてもらう希望を出してみるのも一つの手です。もし、先生との相性が良くない場合は、先生の変更を希望してみるのも良いでしょう。

このように、塾側の環境を変えることで塾に行きたくなるかもしれません。

それでも塾に行きたくない・めんどくさいと感じるときは?

いろいろな工夫をしてみたけれど、どうしても塾に行きたいと思えない場合もあります。そんなときは、「個別指導塾に変えてみる」「家庭教師に乗り換える」「自宅で通信教育や映像授業を受ける」といった選択肢もあります。これらの方法について見ていきましょう。

個別指導塾に変えてみる

集団指導の雰囲気や、授業内容、授業のスピードが自分に合わないと感じている人は、個別指導塾に変えることで解決できる場合があります。集団指導の塾では、全員が同じペースで授業に付いていかなければならないため、苦手な科目で置いて行かれてしまう生徒もいます。

しかし、個別指導塾であれば生徒一人ひとりのペースに合わせて指導するため、苦手科目でもしっかりと内容を理解できます。また、先生と生徒の距離感が近いため、親近感が沸いて塾に行きたくなるという人もいます。

家庭教師に乗り換える

塾を辞めて家庭教師に乗り換えるという方法もあります。個別指導塾と同様に自分のペースで苦手分野などを集中的に学習することができます。また、自宅で指導を受けられるため、自宅で勉強する方が落ちつく・集中できるという人にぴったりです。

ほかにも塾と比べて授業を受ける曜日や時間を自由に決めやすい、先生の変更希望が通りやすいといったメリットもあります。

おすすめの家庭教師が知りたい方は「【家庭教師おすすめランキング】どこがいいか口コミや料金を比較!」をご覧ください。

自宅で通信教育や映像授業を受ける

先生に直接会って指導を受けることに抵抗を感じる人は、自宅で学習するタイプの通信教育や、パソコンやスマホで受けられる映像授業などのサービスを利用するのも選択肢となります。

また、最近ではインターネットを通して指導するオンライン家庭教師もあります。無料体験を受けられるところも多いため、いろいろ試して自分に合う学習法を探してみましょう。

おすすめの通信教育について知りたい方は「おすすめの通信教育ランキング!小学生や中学生の家庭学習に最適なのは?」も参考にしてください。

さらに、おすすめの学習塾ランキングについて知りたい方は「【学習塾人気ランキング】中学受験・高校受験でおすすめの有名塾や進学塾を比較!」も参考にしてください。

facebook はてなブックマーク

関連記事

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます。

小学生の塾はいつから(何年生から)がいい? 小学生の子供を塾に通わせる場合、いつから通わせれば良いのか悩む保護者の方も多いと思います。何年生から塾に通わせるのかは、学習塾に通う目的で判断するのがいいでしょう。 学習塾に通…

新潟大学の偏差値・難易度まとめ(2021年度) ・新潟大学の偏差値は45.0~74.0 ・新潟大学の最低偏差値45.0は、大学上位69.1%の難易度 ・偏差値が最も高いのは、法学部の52.5~65.0 ・偏差値が最も低い…

玉川大学の偏差値・難易度まとめ(2021年度) ・玉川大学の偏差値は37.5~70.0 ・玉川大学の最低偏差値37.5は、大学上位88.5~90.3%の難易度 ・偏差値が最も高いのは、観光学部の52.5~64.0 ・偏差…

立正大学の偏差値・難易度まとめ(2021年度) ・立正大学の偏差値は42.5~66.0 ・立正大学の最低偏差値42.5は、大学上位75.8~78.8%の難易度 ・偏差値が最も高いのは、心理学部の52.5~66.0 ・偏差…

帝京平成大学の偏差値・難易度まとめ(2021年度) ・帝京平成大学の偏差値は37.5~66.0 ・帝京平成大学の最低偏差値37.5は、大学上位88.5~90.3%の難易度 ・偏差値が最も高いのは、ヒューマンケア学部の42…