予備校をやめたい!やめる前に必ず考えるべき3つのこと!

投稿日:2021/03/18

更新日:2021/03/18

facebook はてなブックマーク

予備校をやめたいと思ったときに考えられる原因は?

予備校に通っている受験生の中には、予備校をやめたいと思っている方も少なくないことでしょう。そんな受験生は、どうして予備校をやめたいと思ってしまうのでしょうか。ここでは予備校をやめたくなる原因や、やめる前に考えるべきことを紹介します。

おすすめの予備校が知りたい方は「【予備校おすすめランキング】全国的に人気で有名な大手予備校を比較!」をぜひ参考にしてください。

成績が上がらない

予備校をやめたいと思う原因のひとつが、予備校に通っているにも関わらず思うように成績が上がらないことです。予備校で頑張って勉強しているのに成績が伸びないときや、予備校の同じクラスの友達だけが成績が上がっているときにやめたいと思うことが多いです。

せっかく予備校に通っているのに成績が上がらないと、この予備校は自分に合っていないのではないか、通う意味がないのではないかと考えるようになり、予備校をやめたくなる理由となります。

忙しくて通う時間がない

予備校をやめたくなる原因としては、忙しくて予備校に通う時間がないことも挙げられます。特に部活動に所属している現役の高校生の場合は、学校の勉強と部活動、予備校の3つに費やす時間を確保するのは非常に難しく、すべてをこなそうとするとスケジュールがハードなものとなります。

学校の勉強や部活動に時間を割いていると予備校での勉強に使う時間がなく、体力的にも苦しいので通うのがつらくなってしまい予備校をやめたくなる原因となります。

人間関係がうまくいっていない

人間関係がうまくいっていないことも、予備校をやめたくなる原因として多く見られます。予備校には多くの人間が集まるので、一緒に授業を受けるクラスメイトと喧嘩をして仲が悪くなったり、指導を担当する講師が苦手なタイプの人間で関わりたくないといったケースがあります。

このように人間関係にトラブルが起きてしまうと、予備校に通うこと自体が嫌になってしまい、学習へのモチベーションがなくなって予備校をやめたくなる原因となります。

予備校に行きたくないと感じている方は「予備校に行きたくない!浪人生が塾に行きたくない原因と対処法を解説!」もぜひ参考にしてください。

予備校をやめる前に必ず考えるべき3つのこと

予備校をやめたくなったからといって、即座にやめてしまうのは良くありません。ここでは、予備校をやめる前に必ず考えるべきことを解説します。

今の予備校で悩みを解決できないか

予備校を途中でやめてしまうことにはいくつかのデメリットがあります。例えば、予備校での学習の進捗が中途半端なところで終わってしまいます。別の予備校で学習する際には、また最初からやり直さなければならないこともあります。

金銭面では、途中でやめてしまうと納めた入学金や授業料が返ってこないことが多いため、経済的な負担が大きくなってしまいます。また、通っている予備校をやめて別の予備校に移ったとしても、また同じような悩みができてしまい、やめたいと思うかもしれません。

予備校をやめることにはこのようなデメリットがあるので、できるだけ今の予備校で悩みを解決した上で通い続けることができないか考えてみることをおすすめします。

親に伝えて納得するか

予備校をやめる場合に考えなければならないのが、やめることを親が納得してくれるかということです。

親に納得してもらうためには、ただやめたいという気持ちを伝えるだけでは難しいでしょう。特に、忙しいから予備校をやめたいという理由では納得してもらえないことが多いです。

そのため、予備校の指導方法が自分と合わない、別の予備校に移った方が成績が伸びるなど、予備校をやめることに説得力のある理由を用意しておくことが大切です。

さらに、そもそも予備校に通う目的が「成績を上げること」や「第一志望に合格すること」であるため、予備校をやめることを親に納得してもらうには、「やめた方が成績が上がり、第一志望校に合格する可能性を高められる」という趣旨の内容を、論理立てて伝える必要があります。

やめた後に勉強する環境を確保できるか

予備校をやめるときには、実際にやめた後はどこで勉強するかについても考えておく必要があります。当然のことですが、予備校をやめるとそこで提供されていた自習室は使えなくなってしまいます。

そのため、急に予備校をやめてしまうと勉強をするための環境がなくなってしまい、勉強が停滞してしまうことがあります。他に自習に適した環境を確保することができるか、すぐに別の予備校に移れるかなどを考えてからやめるようにしましょう。

予備校をやめた後の3つの選択肢

予備校をやめた後に取る選択肢としては、以下の3つがあります。よく考えて自分に合った道を選びましょう。

他の予備校に通う

現在通っている予備校の講師の教え方がわかりにくかったり、予備校の指導方針が合わないという理由でやめる場合であれば、やめた後で他の予備校に通うという選択肢があります。もっと自分に合った指導をしてくれる予備校に移ることができれば、現在よりも効率的に学力を伸ばせるようになります。

他の予備校に通う場合には、できるだけ自分に合った予備校を選ぶことが重要となります。体験授業を受けるなどして、最適な予備校を選ぶようにしましょう。

家庭教師や通信教育に切り替える

家庭教師や通信教育であれば、予備校に通うのとは異なり、自宅で自分の好きなペースで取り組むことができます。自分なりのペースで勉強することができるので、時間的・体力的な余裕も生まれる点もメリットと言えます。

また、学習カリキュラムや指導方法も自分に合わせて調整してもらえるので、着実に学力を伸ばしていくことができます。予備校に通って授業を受けるのが合わないのであれば、家庭教師や通信教育を検討してみましょう。

おすすめの家庭教師が知りたい方は「【家庭教師おすすめランキング】どこがいいか口コミや料金を比較!」をぜひ参考にしてください。

さらに、おすすめの通信教育が知りたい方は「おすすめの通信教育ランキング!小学生や中学生の家庭学習に最適なのは?」をぜひ参考にしてください。

独学で勉強する

予備校をやめて、独学で受験勉強をするという方法もあります。時間や場所に縛られずに自由に勉強できるという点ではメリットがあります。

しかし独学で勉強する場合には、どの科目のどの分野をいつまでにどのくらい進めるかなど、受験本番までの学習スケジュールをすべて自分で考えなくてはなりません。

また、学習内容をすべて自力で理解していく必要があり、思うように学習が進まないこともあります。そのため、効率の良い勉強をしたいという方や、逆転合格を目指したい方にはあまりおすすめできない選択肢となります。

浪人生におすすめの予備校がどこか知りたい方は「浪人生におすすめの予備校ランキング!かかる費用や行かないとどうなるかを解説!」をぜひ参考にしてください。

facebook はてなブックマーク

関連記事

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます。

予備校をやめたいと思ったときに考えられる原因は? 予備校に通っている受験生の中には、予備校をやめたいと思っている方も少なくないことでしょう。そんな受験生は、どうして予備校をやめたいと思ってしまうのでしょうか。ここでは予備…

慶應義塾大学の偏差値・難易度まとめ(2021年度) ・慶應義塾大学の偏差値は60.0~84.0 ・慶應義塾大学の最低偏差値60.0は、大学上位15.9%の難易度 ・偏差値が最も高いのは、医学部の72.5~80.0 ・偏差…

西南学院大学の偏差値・難易度まとめ(2021年度) ・西南学院大学の偏差値は50.0~70.0 ・西南学院大学の最低偏差値50.0は、大学上位50.0%の難易度 ・偏差値が最も高いのは、外国語学部の55.0~70.0 ・…

塾にいつから通い始めるべき? 小学生や中学生、高校生の学校での授業への対策や受験対策をするのに向けての悩みとなるのが、いつから塾に通って学習を始めるかということです。 しかし、塾にいつから通い始めるべきかに正解と呼べるも…

明海大学の偏差値・難易度まとめ(2021年度) ・明海大学の偏差値は37.5~59.0 ・明海大学の最低偏差値37.5は、大学上位90.3%の難易度 ・偏差値が最も高いのは、歯学部の45.0~59.0 ・偏差値が最も低い…