【琉球大学の偏差値】琉大の入試難易度のレベル・ランク2024!理や医など学部別に難しい・簡単なのはどこか解説

投稿日:2022/01/31

更新日:2024/01/14

facebook はてなブックマーク
※本ページは広告が含まれており、本サイトは広告収入により運営がされています。
※掲載されている情報は、記事作成日もしくは更新日時点の内容で、最新の情報でない可能性があります。

琉球大学の偏差値・難易度まとめ(2024年度)

・琉球大学の偏差値は40.0~74.0
・琉球大学の最低偏差値40.0は、大学上位84.1%の難易度
・偏差値が最も高いのは、医学部の47.5~74.0
・偏差値が最も低いのは、工学部の40.0~52.0
・琉球大学の受験対策として、現時点の偏差値が40.0以上なら「東進衛星予備校」、偏差値が40.0に届いていないなら「武田塾」、数学に特化して対策したいなら「オンライン数学克服塾MeTa」がおすすめ

この記事は、琉球大学の受験生を対象にして学部・学科別ごとに偏差値を紹介しています。今回は、参考サイトとして以下の3つのサイトのデータを参照しています。

河合塾Kei-Net
ベネッセマナビジョン
東進

なお、琉球大学の学部の偏差値ランキングは以下の通りです。

偏差値(高い順) 学部
47.5~74.0 医学部
45.0~57.0 人文社会学部
42.5~56.0 教育学部
偏差値(低い順) 学部
40.0~52.0 工学部
42.5~53.0 農学部
42.5~55.0 国際地域創造学部、理学部

上表から琉球大学の中では、工学部の偏差値や入試難易度が低いことがわかります。なお今回は、他にも理学部や医学部など、琉球大学の学部ごとの偏差値や難易度を紹介します。

この記事を読むことで、予備校ごとに算出された琉球大学の偏差値や合格難易度が把握でき、志望校を選択する際の参考となるでしょう。

※おすすめの大学受験の塾ランキングが知りたい方は「大学受験の塾ランキング!おすすめの大手進学塾や個別指導塾13校を比較!」をぜひご覧ください。

【学部・学科別】琉球大学の偏差値はどのくらい?|入試難易度のレベルやランク2024

琉球大学の各学部の偏差値は以下の通りです。

学部 偏差値
人文社会学部 45.0~57.0
国際地域創造学部 42.5~55.0
教育学部 42.5~56.0
理学部 42.5~55.0
医学部 47.5~74.0
工学部 40.0~52.0
農学部 42.5~53.0

上の表より、琉球大学の学部で最も偏差値が高いのは医学部、逆に最も偏差値が低いのは工学部であることがわかります。注意点として、同じ学部の中でも学科によって偏差値が異なる場合があります。

そのため、自分に合った出願先を選択するためには、学部の偏差値だけを見るのではなく、学科の偏差値も確認することが大切です。

ここからは各学部・学科の偏差値について詳しく見ていきましょう。

人文社会学部

学科名 河合塾 ベネッセ 東進 共テ得点率
国際法政 45.0 55.0 56.0 59%(前期)
63%(後期)
人間社会 56.0 57.0 60%(前期)
63%(後期)
琉球アジア文化 54.0 54.0 57%(前期)
60%(後期)

琉球大学の人文社会学部の偏差値は、学科ごとに45.0~57.0です。この偏差値は、琉球大学の学部としては2番目に高いものとなっています。したがって、琉球大学の中では合格ハードルが高めの学部と言えます。

人文社会学部には3つの学科がありますが、ベネッセと東進の偏差値を比較する限り、人間社会学科が最も高いと見られます。

国際地域創造学部

学科名 河合塾 ベネッセ 東進 共テ得点率
国際的思考系 42.5 54.0 55.0 58%(前期)
61%(後期)
論理的思考系 53.0 55.0 59%(前期)
61%(後期)
数学的思考系 45.0 53.0 55.0 57%(前期)

琉球大学の国際地域創造学部の偏差値は、学科ごとに42.5~55.0となっています。この偏差値は琉球大学の学部としては3番目に低い数値であるため、琉球大学の中では合格ハードルはやや低いと考えられます。

国際地域創造学部の中では国際的思考系の偏差値が他の学科より低いので、合格難易度も低いものと見られます。

教育学部

学科名 河合塾 ベネッセ 東進 共テ得点率
小学-学校教育 54.0 54.0 55%
小学-教科教育 45.0 54.0 55.0 56%
中学-国語教育 47.5 54.0 54.0 59%
中学-社会科教育 54.0 55.0 60%
中学-数学教育 45.0 48.0 56.0 56%
中学-理科教育 45.0 48.0 55.0 57%
中学-音楽教育 51.0 51.0 47%
中学-美術教育 51.0 51.0 47%
中学-保健教育 52.0 53.0 52%
中学-技術教育 42.5 47.0 52.0 53%
中学-生活科学教育 52.0 52.0 48%
中学-英語教育 50.0 54.0 54.0 57%
特別支援教育 54.0 53.0 50%

琉球大学の教育学部の偏差値は、学科ごとに42.5~56.0となっています。これは琉球大学の学部では3番目に高い偏差値なので、琉球大学の中ではやや合格難易度の高い学部と見られます。

教育学部の中では、技術教育学科の偏差値が45.0~52.0と最も低いです。他の学科よりも偏差値が低めなので、合格難易度もやや低いと考えられます。

理学部

学科名 河合塾 ベネッセ 東進 共テ得点率
数理科学 45.0 46.0 54.0 56%(前期)
62%(後期)
物質地球科学 42.5 44.0 54.0 52%(前期物理系)
53%(前期地学系)
62%(後期物理系)
58%(後期地学系)
海洋自然科学 42.5 48.0 55.0 54%(前期化学系)
57%(前期生物系)
59%(後期化学系)
64%(後期生物系)

琉球大学の理学部の偏差値は、学科ごとに42.5~55.0となっています。この偏差値は琉球大学の学部では3番目に低いものであるため、琉球大学の中ではやや合格ハードルの低い学部であると言えます。

理学部の中では数理科学科の偏差値が45.0~54.0とわずかに高いので、合格難易度についても他の学科よりやや高いと見られます。

医学部

学科名 河合塾 ベネッセ 東進 共テ得点率
62.5 74.0 66.0 79%(前期)
84%(後期)
保健 47.5 55.0 55.0 56%(前期)
59%(後期)

琉球大学の医学部の偏差値は、学科ごとに47.5~74.0となっています。この偏差値は琉球大学の学部としては最も高い水準なので、琉球大学では医学部の合格難易度が最も高いと考えられます。

医学科の偏差値が62.5~74.0と非常に高いのに対し、保健学科は47.5~55.0と低めです。そのため、合格難易度も医学科がずば抜けて高いと見られます。

工学部

学科名 河合塾 ベネッセ 東進 共テ得点率
40.0 43.0 52.0 51%(前期)
62%(後期)

琉球大学の工学部に属する学科は工学科のみで、その偏差値は40.0~52.0です。この偏差値は琉球大学の学部としては最も低いものであるため、琉球大学では工学部の合格難易度が最も低いと見ることができます。

大学入学共通テストの得点率についても、前期が51%、後期が62%とどちらも低めの水準であることがわかります。

農学部

学科名 河合塾 ベネッセ 東進 共テ得点率
亜熱帯地域農 45.0 48.0 53.0 51%(前期)
56%(後期)
亜熱帯農林環境科学 45.0 50.0 53.0 52%(前期)
56%(後期)
地域農業工 42.5 47.0 52.0 49%(前期)
52%(後期)
亜熱帯生物資源科学 45.0 50.0 53.0 53%(前期)
61%(後期)
亜生物-健康栄養科学 45.0 50.0 52.0 51%(前期)

琉球大学の農学部の偏差値は、学科ごとに42.5~53.0となっています。この偏差値は琉球大学では工学部に次いで低い数値です。そのため、琉球大学の学部としては合格ハードルが低いと言えます。

農学部の中では地域農業工学科の偏差値が42.5~52.0と最も低いことから、合格難易度についても他学科より低いと見られます。

琉球大学の偏差値を同レベルの大学と比較!

ここからは、琉球大学の偏差値を同レベルの大学と比較します。

琉球大学医学部と偏差値が同じ「医学・薬学・歯学」系学部を持つ大学
琉球大学農学部と偏差値が同じ「農林・獣医・水産」系学部を持つ大学
琉球大学理学部と偏差値が同じ「理・工学」系学部を持つ大学
琉球大学工学部と偏差値が同じ「理・工学」系学部を持つ大学
琉球大学人文社会学部と偏差値が同じ「法・経済・経営・商」系学部を持つ大学
琉球大学国際地域創造学部と偏差値が同じ「法・経済・経営・商」系学部を持つ大学

東進の偏差値データを元に、琉球大学の各学部と偏差値が同じ大学の学部を見ていきましょう。

琉球大学医学部と偏差値が同じ「医学・薬学・歯学」系学部を持つ大学

大学名 学部名 学科名
宮崎大学 医学部 医学科
旭川医科大学 医学部 医学科
秋田大学 医学部 医学科
高知大学 医学部 医学科

琉球大学医学部と偏差値が同じ「医学・薬学・歯学」系学部を持つ大学としては、宮崎大学、旭川医科大学、秋田大学、高知大学が挙げられます。

4校とも琉球大学と同様に医学部医学科を持つ大学であるため、医学部を志望する受験生の出願先の候補となります。大学ごとの教育方針やキャンパスの立地・アクセスなども考慮し、自分に合った志望校を選択しましょう。

琉球大学農学部と偏差値が同じ「農林・獣医・水産」系学部を持つ大学

大学名 学部名 学科名
弘前大学 農学生命科学部 地域環境工学科
愛媛大学 農学部 生物環境学科
石川県立大学 生物資源環境学部 食品科学科
茨城大学 農学部 地域総合農学科

琉球大学農学部と偏差値が同じ「農林・獣医・水産」系学部を持つ大学としては、弘前大学、愛媛大学、石川県立大学、茨城大学が挙げられます。

農学を学びたい方であれば、農学生命科学部を持つ弘前大学や、農学部を持つ愛媛大学、茨城大学への出願を検討できます。ただし専攻する分野はそれぞれ異なるので、自分がどの分野を学びたいかによって志望校を選択しましょう。

琉球大学理学部と偏差値が同じ「理・工学」系学部を持つ大学

大学名 学部名 学科名
徳島大学 理工学部 理工学科
愛媛大学 工学部 工学科
秋田大学 理工学部 生命科学科
秋田県立大学 生物資源科学部 応用生物科学科

琉球大学理学部と偏差値が同じ「理・工学」系学部を持つ大学としては、徳島大学、愛媛大学、秋田大学、秋田県立大学が挙げられます。

同じ系統の学部ではありますが専門とする分野は異なり、例として秋田大学では生命科学、秋田県立大学では応用生物科学を専攻することになります。志望校の選択の際は、自分がどの分野を学びたいかを考えてみましょう。

琉球大学工学部と偏差値が同じ「理・工学」系学部を持つ大学

大学名 学部名 学科名
室蘭工業大学 理工学部 システム理化学科
宮崎大学 工学部 電気システム工学科
秋田県立大学 システム科学技術学部 情報工学科

琉球大学工学部と偏差値が同じ「理・工学」系学部を持つ大学としては、室蘭工業大学、宮崎大学、秋田県立大学が挙げられます。

同じ理工系の学部であっても、大学ごとに専門とする分野は異なります。例えば室蘭工業大学ではシステム理化学、宮崎大学では電気システム工学を深く学べます。どの分野を学びたいかも踏まえて、出願先を検討しましょう。

琉球大学人文社会学部と偏差値が同じ「法・経済・経営・商」系学部を持つ大学

大学名 学部名 学科名
大分大学 福祉健康科学部 福祉健康科学科
新見公立大学 健康科学部 地域福祉学科
福山市立大学 都市経営学部 都市経営学科
釧路公立大学 経済学部 経営学科

琉球大学人文社会学部と偏差値が同じ「法・経済・経営・商」系学部を持つ大学としては、大分大学、新見公立大学、福山市立大学、釧路公立大学が挙げられます。

ただし、4校とも琉球大学人文社会学部のように国際的な法政について学べる学部ではありません。そのため、人文社会学部で国際法政を学ぶ意志の強い方の出願は向かないので、別大学への検討が必要です。

琉球大学国際地域創造学部と偏差値が同じ「法・経済・経営・商」系学部を持つ大学

大学名 学部名 学科名
佐賀大学 経済学部 経済法学科
鳥取大学 地域学部 地域学科

琉球大学国際地域創造学部と偏差値が同じ「法・経済・経営・商」系学部を持つ大学としては、佐賀大学、鳥取大学が挙げられます。

鳥取大学については地域学部を持つので、地域学について学びたい方であれば出願が検討できます。一方、佐賀大学は経済学部であるため、国際地域創造学部を志望する方の出願にはあまり向かないと考えられます。

また、全国でおすすめの予備校が知りたい方は「【予備校おすすめランキング】全国的に人気で有名な大手予備校を比較!」もぜひ参考にしてください。

琉球大学の偏差値40.0~74.0はどのくらい難しい?

偏差値 上位何%か
40.0 84.1%
41.0 81.6%
42.0 78.8%
43.0 75.8%
44.0 72.6%
45.0 69.1%
46.0 65.5%
47.0 61.8%
48.0 57.9%
49.0 54.0%
50.0 50.0%
51.0 46.0%
52.0 42.1%
53.0 38.2%
54.0 34.5%
55.0 30.9%
56.0 27.4%
57.0 24.2%
58.0 21.2%
59.0 18.4%
60.0 15.9%
61.0 13.6%
62.0 11.5%
63.0 9.7%
64.0 8.1%
65.0 6.7%
66.0 5.5%
67.0 4.5%
68.0 3.6%
69.0 2.9%
70.0 2.3%
71.0 1.8%
72.0 1.4%
73.0 1.1%
74.0 0.82%

琉球大学の偏差値40.0~74.0という偏差値は、どのくらい難しいのでしょうか。受験生の母集団が正規分布に従っていると仮定すると、40.0という偏差値は「上位84.1%」であることを指します。

つまり、受験生100名が受ける模試で上位84名以内に入ることができれば、琉球大学に合格の見込みがあることになります。一方で、最高偏差値74.0の医学部に合格するには、上位0.82%という非常に高い成績を修める必要があります。

この学力を目標として模試を受け、あとどれだけの学力が必要であるかを把握しましょう。

大学受験でおすすめの模試が知りたい方は「【大学受験の模試おすすめ2021】予備校が運営する人気の全国模試を紹介!」をぜひ参考にしてください。

琉球大学の偏差値まで学力を上げるポイント

志望学部の入試情報を把握する

琉球大学の偏差値まで学力を上げるポイントのひとつは、志望学部の入試情報を把握することです。琉球大学には7つの学部が存在し、学部によって入試難易度や偏差値、受験科目などが異なっています。

したがって、合格できるだけの学力をつけるためには、まず目標とする学部の入試情報を収集する必要があります。合格レベルの学力を知らないまま学習しても、合格を実現することはできません。

大学が公表している情報はもちろん、塾や予備校で過去の入試情報を得ておくこともおすすめします。十分な入試情報を集めた上で、合格にはどの程度の学力が必要となるのかを把握しましょう。

学習計画を作成する

琉球大学の偏差値まで学力を上げるポイントとなるのが、学習計画を作成して計画的に学習を進めることです。

琉球大学の入試では共通テストと個別試験を両方受験しなければならず、対策しなければならない範囲も非常に広くなっています。そのため、計画的な学習をしておかないと入試本番までに十分な対策を終えることはできません。

琉球大学の入試レベルや偏差値と、自身の現時点での学力を比較して、あとどれだけ学力を伸ばす必要があるのかを確認してください。そして、毎日計画的に学習を行い、入試までに合格レベルの学力の達するようにしましょう。

記述式問題に対応できるようにする

琉球大学の偏差値まで学力を上げるには、記述式問題への対応力をつけることも重要となります。

琉球大学の入試には個別試験が課せられていて、共通テストとは異なり記述式の解答が求められます。したがって、記述式の問題に対応できなければ個別試験で得点を伸ばすことは難しいと言えます。

過去問や記述式問題のテキストを活用し、記述式問題の演習を行いましょう。ただ解答して終わりにするのではなく、添削指導を受けて十分な記述ができているかをチェックするとより効果的な対策となります。共通テスト対策も大切ですが、個別試験対策を疎かにしないよう注意しましょう。

琉球大学の基本情報|大学の特徴や紹介動画をチェック

琉球大学は、沖縄県中頭郡西原町に本部を置く国立大学です。本部となる千原キャンパスのほか、同じ西原町に上原キャンパスを開いています。沖縄県の独自の文化や地域性について深く学ぶことができるのが特色となっています。

医学部の「在学生の声」では、琉球大学の教授や先輩、友人は学生のやりたいことをサポートしてくれるという意見が寄せられています。

大学生活は、やりたいことを見つけ、それに向けて自分から進んでいくならば、数多くの事を成し遂げる事の出来る時期だと思います。
琉球大学は、そのような新しいやる気を持った学生を一緒になって応援してくれる数々の教授や先輩、友人に恵まれた素敵な大学です。

琉球大学医学部「在学生の声」

琉球大学の紹介動画を見たい方は、こちらをご覧ください。キャンパスの風景が紹介されています。

関連サイト 琉球大学公式ホームページ | Wikipedia
キャンパス住所 沖縄県中頭郡西原町字千原1番地

琉球大学の受験対策におすすめの予備校

琉球大学の受験対策におすすめの予備校は以下の通りです。

合格圏内の受験生:予備校名
現時点で合格見込みが薄い受験生:武田塾
数学に特化して対策したい受験生:オンライン数学克服塾MeTa

それぞれの予備校について詳しく見ていきましょう。

合格圏内の受験生:東進衛星予備校

すでに琉球大学が合格圏内にある方には、東進衛星予備校での受験対策をおすすめします。東進衛星予備校では、東進の有名講師陣による映像授業を受講できます。

プロ講師による授業はレベルが高く、効率的な受験対策が可能です。映像授業は幅広い種類のものがあるので、弱点克服や志望校対策など、必要に応じた学習ができます。

そのため、現時点で琉球大学への合格が見込めるという方は、東進衛星予備校を利用すると良いでしょう。

東進衛星予備校の口コミや評判をさらに詳しく知りたい方は、「【東進衛星予備校】口コミ評判はどう?ハイレベルな講師陣の映像授業で評価やレビューが良い大手予備校」も参考にしてください。

現時点で合格見込みが薄い受験生:武田塾

現状では琉球大学への合格見込みが薄いという方には、武田塾で受験対策をするのがおすすめです。武田塾では授業は行われず、代わりに個別カリキュラムによる自学自習が行われています。

個別カリキュラムは志望校合格から逆算されているので、計画的に学力を伸ばせます。自学自習によって確かな学力がつくので、逆転合格を狙うことも可能です。
そのため、現時点では琉球大学への合格が厳しいという方は、武田塾を利用すると良いでしょう。

また、武田塾の口コミや評判をさらに詳しく知りたい方は、「【武田塾】口コミ評判はどう?料金(費用)・合格実績は?」も参考にしてください。

数学に特化して対策したい受験生:オンライン数学克服塾MeTa

琉球大学を志望する受験生には、オンライン数学克服塾MeTaもおすすめです。オンライン数学克服塾MeTaは数学の指導に特化したオンライン個別指導塾で、マンツーマンで丁寧な指導が受けられるようになっています。

国公立大学にも多くの合格者を輩出しているため、琉球大学の数学を対策したい方にも適しています。

オンライン数学克服塾MeTaでは毎月面談が行われていて、生徒の学習状況に応じた学習計画を組んでいます。そのため、自分が今どのような学習をするべきかがわかりやすく、計画的に学力を伸ばしていくことができます。

オンライン数学克服塾MeTaの口コミや評判をさらに詳しく知りたい方は、「【オンライン数学克服塾MeTa】口コミ評判や料金、合格実績!数学に特化したオンライン学習塾!」も参考にしてください。

さらに浪人生におすすめの予備校がどこか知りたい方は「浪人生におすすめの予備校ランキング!かかる費用や行かないとどうなるかを解説!」をご覧ください。

facebook はてなブックマーク

関連記事

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます。

早稲田アカデミーの料金内訳|年間の合計費用 学習塾を利用して指導を受けたい方にとって気になることと言えば、学費が年間でどれくらいかかるかということです。ここでは、早稲田アカデミーの各学年で必要な年間費用の目安の詳細につい…

慶應義塾大学の偏差値・難易度まとめ(2023年度) ・慶應義塾大学の偏差値は59.0~79.0 ・慶應義塾大学の最低偏差値59.0は、大学上位18.4%の難易度 ・偏差値が最も高いのは、医学部の71.0~76.0 ・慶應…

津田塾大学の偏差値・難易度まとめ(2023年度) ・津田塾大学の偏差値は47.5~70.0 ・津田塾大学の最低偏差値47.5は、大学上位61.8%の難易度 ・偏差値が最も高いのは、総合政策学部の57.5~70.0 ・偏差…

塾に行きたくない、通うのがめんどくさいと感じたことはありませんか。塾に行くのが嫌になってしまうというのは、決して珍しいことではありません。そこで今回は、塾に行きたくない原因や、行きたくないときの対処法などを解説します。 …

法政大学の偏差値・難易度まとめ(2023年度) ・法政大学の偏差値は52.5~74.0 ・法政大学の最低偏差値52.5は、大学上位38.2~42.1%の難易度 ・偏差値が最も高いのは、国際文化学部の60.0~74.0 ・…