高校受験の勉強はいつから本気になれば間に合う?中学生が高校入試勉強を始める時期を解説!

投稿日:2020/12/11

更新日:2021/02/18

facebook はてなブックマーク

高校受験の勉強はいつから本気になれば間に合う?

高校受験は、人生の中でも大きなイベントの1つです。だいたいいつ頃から受験勉強を始めれば良いのか、いつから本気を出せば間に合うのか気になっている人も多いかと思います。

ただし、高校受験の勉強をスタートさせる時期には正解はありません。自分の現段階の学力レベルや、志望校のランクによっても変わってくるからです。

また、部活動や別の習い事などに取り組んでいる方は、勉強やそれ以外の活動のスケジュールのバランスを取る必要もあります。

そこで今回は、高校受験の勉強をいつ頃から始めれば良いのか、いつ頃始めるとどのような勉強が必要なのかについて紹介します。

※おすすめの高校受験の塾が知りたい方は「高校受験の塾ランキング!おすすめの大手進学塾や有名塾を比較して紹介!」をぜひ参考にしてください。

中学生は高校入試勉強をいつから始めるべきかに関する意見

高校入試は一般的に中学3年の1月〜3月ごろに行われます。そのため、中3の冬までには志望校のランクに見合った学力を身につけておく必要があります。

中学生が高校入試の勉強を始める適切なタイミングについては、大きく分けると2パターンの意見があります。それぞれの意見とその理由を見ていきましょう。

早いに越したことはない

一つ目の意見は「できるだけ早い時期からスタートさせる」というものです。実際に、中学1、2年からすでに受験を見据えた勉強をしている生徒もたくさんいます。

実は高校入試で出題される内容のうち、中学1・2年で習う内容が6割を占めています。そのため1・2年の早い段階から勉強をスタートさせ、基礎力を身につけることで受験勉強の土台ができます。基礎をしっかりと身につけておくと、応用力が必要な受験対策もスムーズに行えるでしょう。

また早い段階から勉強を始めていると、学校の授業に遅れをとらず苦手意識が芽生えにくいです。さらに、前もって勉強を始めておくことで心に余裕が生まれるので、試験本番でもリラックスしやすいというメリットがあります。

遅くとも中3の夏には始めるべき

部活動に真剣に取り組んでいる生徒にとっては、中学1、2年のうちから受験勉強に時間を費やすのはなかなか難しいでしょう。この場合は、遅くとも中学3年生の夏には受験勉強をスタートさせるのが好ましいです。

最後の大会を終えた後の夏からしっかりと切り替えて受験対策をすれば、高い集中力を持って受験勉強に取り組むことができます。部活動に費やしていた時間をそのまま受験勉強に充てれば、1日のスケジュール管理がしやすいです。

とはいえ、ゼロの状態から受験勉強を開始すると、中3の冬までに間に合わない可能性があります。

そのため、日頃から授業や期末テストにしっかり取り組んでおくこと、自分の得意不得意をしっかりと理解しておくことが重要です。自分の学力と志望校を照らし合わせて、必要に応じて塾や家庭教師を利用することも検討しましょう。

おすすめの家庭教師が知りたい方は「【家庭教師おすすめランキング】どこがいいか口コミや料金を比較!」をご覧ください。

また、高校受験において塾に通うべきなのか、いつから通うべきなのか知りたい方は「高校受験の塾はいつから通うべき?中学生が塾に入る時期を徹底調査!」もぜひ参考にしてください。

【時期別】高校受験の勉強方法

受験勉強を始めるタイミングによって、適した勉強方法は変わってきます。高校受験をベストな状態で迎えられるための勉強方法を、勉強の開始時期別にご紹介します。

中学1年生

中学1年生から勉強を始める場合、「毎日勉強する習慣をつけておくこと」「基礎力をしっかりと身につけること」が重要です。

先ほどもお伝えしたように、高校受験では中学1年生で学ぶ基礎ができているかどうかがとても重要です。毎日の予習・復習を徹底し、まずは授業の内容でわからない点を作らないようにしましょう。

また余裕がある方は、2年生で学ぶカリキュラムを先に予習しておいても良いでしょう。ただし、無理をして先行学習をして苦手科目や分野を作ってしまうよりも、まずは基礎力の強化に努めるべきです。

そして一度学んだことを忘れないためには、反復して学ぶことが大切です。定期テストのための一夜漬けではなく、コツコツと積み重ねて勉強ができるようにしましょう。

中学2年生

中学2年になると、中1よりも学校での学ぶスピードが早くなり、内容も難しくなってきます。さらには部活動や学校行事、友達との時間など、勉強以外のことに費やす時間も増えてくるでしょう。

中学2年生から勉強をスタートさせる場合は、1日のスケジュールをうまく立てて、計画性を持って勉強することが大切です。授業で習ったことは、その日のうちに復習する時間を作ることをおすすめします。

また例題を解くことで、習った内容を定着させましょう。定期テストのタイミングで単元ごと復習し、抜けている部分がないかチェックすることも大切です。もし理解ができていない分野や曖昧な部分がある場合は、そのままにせず再度勉強し直しましょう。

中学3年生4月〜8月

中学3年生の春になると、受験まで残り1年を切りいよいよ本格的な受験勉強がスタートします。まずは夏になる前までに、中学1、2年で学んだ範囲の復習をしておきましょう。

特に苦手な科目や苦手な範囲がある場合は、この時期にしっかりと克服しておきましょう。苦手が克服できると、受験で失敗するリスクを下げられ、入試本番も自信を持ってリラックスして試験に臨めるでしょう。

また、中学3年生で学ぶ範囲の対策もおろそかにしてはいけません。中学1、2年の復習と並行しながらも学校での授業を大切にし、定期テストで高得点を取れるように努めてください。

そして、得意不得意を理解して苦手を克服するためには、多くの例題に触れておくことをおすすめします。参考書の問題を一つずつ解いていくことで、学ぶべき内容がしっかりと身についていきます。参考書は、夏までに一通り終えておくことを目標にしましょう。

中学3年生9月〜本番

中学3年生の夏が終わる頃からは、いよいよ受験勉強も大詰めに入ります。志望校対策として、過去問や模擬テストをこなしていきましょう。

ただ学ぶだけではなく時間配分なども気にしながら実際の問題を解くことで、試験本番に対する実践力が身に付きます。また過去問は直近3年分以上を解き、解いた後には必ず間違えた箇所の復習もしっかりと行ってください。

また受験本番では、集中力や体力も重要になります。本番のように数時間集中して問題を解き続けられるかどうか、自宅や行き慣れた塾以外の場所でもリラックスできるかどうかという練習も行いましょう。

入試期間中は、気温変化が激しく風邪をひきやすい時期でもあるので、栄養バランスの取れた食事や睡眠時間など、健康管理にも気をつけましょう。

また、高校受験に向けた科目別の勉強法が知りたい方は「高校受験の勉強法まとめ!科目別の勉強方法・やり方はどうすればいい?」をぜひ参考にしてください。

さらに、おすすめの学習塾ランキングについて知りたい方は「【学習塾人気ランキング】中学受験・高校受験でおすすめの有名塾や進学塾を比較!」も参考にしてください。

facebook はてなブックマーク

関連記事

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます。

おすすめな学習塾の選び方 みなさんは学習塾を探したり比べる際に、どのような情報を元に選んでいますか? 中には数あるサイトで紹介されている「おすすめ塾ランキング」を活用している方も多くいらっしゃるかと思います。 たしかに塾…

創研学院の料金内訳|年間の合計費用 創研学院は地域密着型の学習塾で、面倒見を重視した指導方針で生徒をきめ細かくサポートしています。そんな創研学院を利用したい方は、授業料がどのくらいかということも押さえておきましょう。 そ…

上智大学の偏差値・難易度まとめ(2021年度) ・上智大学の偏差値は55.0~74.0 ・上智大学の最低偏差値55.0は、大学上位30.9%の難易度 ・偏差値が最も高いのは、法学部の70.0~74.0 ・偏差値が最も低い…

塾の掛け持ちをするお子さんは増えている! 塾の指導形式の多様化によって、近年では塾の掛け持ちをするお子さんが増えている傾向にあります。あるデータによると、塾に通っているお子さんの3割近くが掛け持ちした時期があるということ…

京都産業大学の偏差値・難易度まとめ(2021年度) ・京都産業大学の偏差値は47.5~62.0 ・京都産業大学の最低偏差値47.5は、大学上位57.9~61.8%の難易度 ・偏差値が最も高いのは、国際関係学部の52.5~…