【大学受験の親の役割】過干渉はストレスで「うざい」「疲れた」と感じることも?

投稿日:2020/12/30

更新日:2020/12/30

facebook はてなブックマーク

大学受験の親の役割

大学受験で成功を修めるには、お子さん本人の努力だけでなく親が果たす役割も重要となります。

お子さん一人で大学受験に必要なことをすべてこなすのは難しく、すべてを任せきりにしていると挫折してしまったり、学習の時間やモチベーションが失われてしまうことがあります。

それでは、大学受験を目指すお子さんのために、親はどのようなサポートをしてあげられるのでしょうか。ここでは、大学受験における親の役割について見ていきましょう。

※大学受験ではどのくらい勉強する必要があるのか知りたい方は「大学受験の勉強時間はどのくらい?受験生の平均勉強時間を学年別に紹介!」もぜひ参考にしてください。

子供の意見を尊重する

大学受験における親の役割の一つは、お子さんの意見を認め、尊重してあげることです。

高校生は思春期ということもあり、ある程度自立する年齢になります。そのため勉強する内容や時間、志望校選びなどはお子さんの意見を尊重して、干渉しすぎないことが大切です。

志望校や勉強の内容を決めてしまおうとする親御さんもいますが、押し付けるような形になるとお子さんの学習へのモチベーションは下がってしまいます。そのため、まずはお子さんの考えを尊重してあげましょう。

食事や生活面でのサポート

大学受験では、親が食事や生活の面でサポートしてあげることが大切です。受験勉強を続けていると夜更かしをしたり食事を抜いたりして、生活リズムが崩れてしまうことが多いです。

塾に行く前後に栄養バランスの取れた食事を用意してあげたり、体調を崩さないように室温を調整してあげたりしましょう。

また勉強も大切ですが、夜更かしをし過ぎることがないよう注意するなど、生活リズムにも気を配ってあげてください。規則正しい生活を送ることで、学習の効果が高まります。

精神的なフォロー

受験勉強の中では、学習が上手くいかずお子さんのモチベーションが下がってしまうこともあります。そんなときには、親が精神的なフォローをしてあげることが大切です。

成績が伸び悩んでいるときやお子さん落ち込んでいるときには、優しく励みになる言葉をかけてあげるようにしてください。

親がフォローしてあげることで、落ち込んでしまったお子さんも学習へのモチベーションが高まり、もう一度受験勉強に取り組めるようになります。

大学受験で親がやってはいけない行動!過干渉はストレスで「うざい」「疲れた」と感じることも?

大学受験で親が果たす役割は重要ですが、親が干渉し過ぎたり、的外れなサポートをしてしまうとかえってお子さんのモチベーションを下げてしまうことがあります。ここでは、大学受験で親がやってはいけない行動について解説します。

NG例①「勉強してるの?」「このままじゃどこも受からないよ」などの言葉

「勉強してるの?」などと頻繁に言葉をかけるのはやめましょう。このような言葉をかけられると、お子さんは自分は信用されていないと感じたり、親が過干渉だ、うざいと感じることがあります。

また、「このままじゃどこも受からないよ」などとお子さんを追い詰めるような言葉も避けるようにしてください。このような言葉をかけると、お子さんがストレスを感じてしまい、精神的に疲れた状態になってしまいます。

ここで紹介したような、お子さんのモチベーションを避ける言葉は使わないようにしましょう。

NG例②今の大学受験事情を理解していない

大学入試の内容は時代とともに変化しているため、親の時代と今の時代では受験事情が大きく異なっています。

例えば昔の大学入試では一般入試と推薦入試くらいしか選択肢がありませんでしたが、現在はAO入試やセンター利用入試など、入試の多様化が進んでいます。

今の時代の受験事情を理解せず、自分の世代の知識だけでアドバイスをしたりすると、お子さんにとっては迷惑なだけになってしまいます。お子さんと入試について話し合う上では、親もそれなりに今の大学受験事情を理解しておきましょう。

NG例③周囲の友達と比較する

友達の方がもっと頑張っている、友達の方が成績が良いなどとお子さんを周囲の友達と比較するのは避けましょう。自分の理解者であるはずの親が友達を引き合いに出していると、お子さんは自信を失ってしまい、精神的に追い詰められてしまいます。

また、お子さんの自信がなくなると学習へのモチベーションも下がります。お子さんに声をかける際には、誰かと比較するのではなく、お子さん自身の学習の様子や成績を見るようにしてください。

大学受験で親がかけるべき言葉

大学受験に向けて学習に取り組むお子さんをサポートするために、親はどんな言葉をかけてあげれば良いのでしょうか。ここでは、大学受験で親がかけるべき言葉について取り上げます。お子さんを支えてあげるための参考にしてください。

「お疲れ様」「頑張ってるね」などねぎらいの言葉

お子さんが受験勉強を頑張っているときには、それを認めてねぎらいの言葉をかけてあげましょう。お子さんの努力をねぎらってあげることで、お子さんはやりがいを感じることができます。

やりがいを感じることは学習意欲を高めることにもつながり、お子さんがさらに学習に集中できるようになります。

ねぎらいの言葉をかけてあげるときには、具体的にどのような成果を残せたのか結果を褒めるのも良いですが、頑張ってるねなどの過程を褒める言葉も有効です。

「あなたなら大丈夫」など励ましの言葉

受験勉強は上手くいくことばかりではなく、成績が伸び悩んでしまうこともあります。思うように学力が伸びないと、お子さんは不安やストレスを感じてしまいます。

そんなときには、お子さんに励ましの言葉をかけてあげましょう。親が励ましの言葉をかけてあげることで、お子さんの不安が解消され、再度学習に取り組めるようになります。

お子さんの受験勉強が上手くいってもいなくても「あなたなら大丈夫」と親がどっしり構えていると、お子さんも安心して勉強に身が入ります。

「自分のやりたいようにやりなさい」など子供の意見を尊重する言葉

お子さんの意見を尊重した言葉をかけてあげることも大切です。

親の意見を押し付けてしまうとお子さんは過干渉に感じてしまいますが、「自分のやりたいようにやりなさい」という言葉をかけてあげることで、お子さんは自分が認められていると感じてモチベーションが高まります。

また、お子さん自身が決めた道であれば、目標を達成するまでモチベーションを高く保ったまま学習を続けることができます。お子さんの意見を尊重し、自信をつけさせてあげましょう。

※大学受験におすすめの予備校ランキングについて知りたい方は「【予備校おすすめランキング】全国的に人気で有名な大手予備校を比較!」を参考にしてください。

facebook はてなブックマーク

関連記事

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます。

明治学院大学の偏差値・難易度まとめ(2021年度) ・明治学院大学の偏差値は55.0~70.0 ・明治学院大学の最低偏差値55.0は、大学上位30.9%の難易度 ・偏差値が最も高いのは、国際、心理学部の60.0~70.0…

大学受験の模試の活用法|受けるメリットは? 大学受験では自分の学力と志望校の偏差値を見比べながら学習していくことが大切ですが、そのうえで大切になるのが「模試」を活用した学習です。 模試は学校や予備校などで受けることができ…

塾の体験授業とは? 現在では非常に多くの学習塾があるため、どの塾を利用するべきか悩んでしまうことも多いかと思います。そこでおすすめしたいのが、入塾の前に体験授業を利用してみることです。 多くの塾では実際に入塾する前に体験…

高校受験の内申点とは? 高校受験では、入試のテストの点だけでなく内申点が大きく関わってきます。 内申点とは、中学から高校に提出される「内申書」という資料の中から、主に各教科の成績を点数化したもののことです。内申書は「調査…

高校受験の勉強はいつから本気になれば間に合う? 高校受験は、人生の中でも大きなイベントの1つです。だいたいいつ頃から受験勉強を始めれば良いのか、いつから本気を出せば間に合うのか気になっている人も多いかと思います。 ただし…